BMO JAPANの新たな「ドカット改造ツール」レールシステムを紹介!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、しょうへいです。

もはやオフショアでの定番BOXとなっているドカットですが、BMO Japanより様々な改造ツールが発売されるようです。

大阪フィッシングショーで実際に展示されていた写真を含めてご紹介したいと思います!

ドカットレールシステム

ドカット本体への穴あけ不要でロッドホルダーやカップホルダーをとりつけできるシステムです。(ゴメンナサイ、僕の指が写ってます^^;)

取り付けもとても簡単ですし、なにより穴あけをしなくても良いので、失敗の心配がないのが良いですね。

荷物をすっきりまとめられるのが良いですね、カップホルダー、ロッドホルダー、フックやトレイ、市販の小物入れなどを接続できるマルチアダプタが接続できます。

レールシステムなので、各ホルダーの位置や数を自由に変更できるのがウリです。

穴あけ不要なので不要なときは取るだけでOKですし、ドカットの耐久度に影響を与えないのもいいところですね。

オフショアでロッドホルダーが必要になることはありませんが、乗船前のセッティングに使用し船に乗る前にポイっと外す、などできそうです。

つりピタ/レールシステム

こちらはクーラーBOXやドカットにレールシステムを取り付けができる「つりピタ」シリーズです。

穴あけ不要の吸盤タイプと、ビスで固定するタイプの2種類があります。

吸盤は2Lペットボトル3本を吊り下げることができる力があるので、安心ですね。

また、ざらざらした表面にも吸盤タイプを取り付けることができる、ベースのシールもあります。

同じくカップホルダー、ロッドホルダー、フックやトレイ、市販の小物入れなどを接続できるマルチアダプタが接続できます。

どちらの商品も多くなりがちな荷物をまとめたり、またすぐに取り出したいプライヤーなどのツールの収納に最適ですね。

BMO Japan http://www.bmojapan.com/index.html

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。