ジギングをする人が「がまかつのカタログ」を持っておくべき理由とは?

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です〜

私、数年前まで磯釣りもしていたんですね〜

まあ、磯でよく見かける全身真っ黒の「がまかつ一色男」でした。

ジギングする人ってDaiwaやSHIMANOのカタログは貰っていると思いますが、がまかつのカタログは貰ってないよ〜と言う方が多いとおもいます。

Daiwa派の貴方も、SHIMANO派の貴方も、実はジギングする人にとって「がまかつのカタログ」を持っておくと、ちょっとしたメリットがありますので、紹介します〜。

掲載されている「フック」のサイズが全て実寸大!

「がまかつのカタログ」を愛用されている方はご存知だとは思いますが、がまかつのカタログは紹介されている「フック」や「アシストフック」のサイズが全て実寸表記です。

このように、メタルジグとカタログを合わせると、大体のフックサイズがとてもイメージしやすいです。

「フック」をネットショップで買う場合や、お店に行く前の下調べにカナリ便利!

ネットショップでフックを買う場合に、パソコンのモニターやスマホの画面では、サイズ感が全くわからないんですよね。

また、お店でフックを買う場合も、使いたいジグと同じジグがお店にあればいいですが、ない場合に、店内にメタルジグを持ち込んで、サイズ合わせするのもちょっと面倒です。

「がまかつのカタログ」さえあれば、自宅でフックサイズのイメージが付き、間違いないサイズのフックを購入できて、かなり便利です。

ライトジギング用のアシストフックもこの通り、実寸大。

さすが、針が主力商品のがまかつ!ここはコダワリのようです。

カタログは釣具店に行けば、貰ったり、100円払ったりすれば手に入れることができますので、是非次に釣具店に行かれた場合は、手に入れておいてみてはどうでしょうか?

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。