アクションカムを海に突っ込んだら「メタルジグの動き」は撮れるのか?

Pocket
LINEで送る

おはようございます〜会長です。

先日に考えた、メタルジグの動きを水中撮影するための撮影道具(SONYのアクションカム+先端が90度に曲がる一脚) の組み合わせを「メタルジグの動き撮るぞう君」と命名しました♪

早速、昨日の釣行の時に試してみました。

「メタルジグの動き撮るぞう君」はロッドホルダーに刺さります♪

釣りの邪魔になる懸念のあった「メタルジグの動き撮るぞう君」ですが、ロッドホルダーに刺さるので、全然邪魔になりませんでした。

このまま挿しておいて、ジギングの風景を撮影できるかもしれませんね〜

1.5m伸ばした状態で海に突っ込んでみたらこんな感じ

「メタルジグの動き撮るぞう君」は、1.5m伸縮します。海に突っ込んでみた感じはこんな感じでした。

昨日はベタ凪だった為、なかなかいい感じですが、波の高い日は、ボートも上下しますし、遊漁船ではプレジャーボートに比べて、水面までの距離が遠いので、短すぎて使えないかもしれませんね。

まずはカメラを横向きに固定した状態で撮影してみた

まずは、カメラを横向きに固定した状態で、横でジグをシャクってもらって撮影してみました。

19.15.59

ジグの動きは撮影できますが、撮影できる範囲が少ないので、1シャクリ分しか撮影できません。

水温が高くなって来ていてクラゲが大量にいたのと、川からの濁りや大量のプランクトンで結構視界が悪いです。

 19.16.51

また、ヒモを外すの忘れてまして、ふわふわカメラの前に漂って、めちゃくちゃ邪魔です。

外さないとダメですね〜

↓↓実際の動画はこちら↓↓

カメラを縦向き、海中に向けて撮影した場合

次は、カメラを海中に向けた状態で撮影してみました。ちょっと深めからジグの動きを撮影できる予定です。

確かに深めからメタルジグの動きを撮影することは出来ますが、かなり透明度の高い海で撮影しないかぎり、視界が悪く上手に撮影できません。

あと、横向きの場合に比べて、被写体(メタルジグ)を捉えるのが難しいです。

撮影しているときは、どんな映像が撮れているか分かりませんでしたが、アクションカムは、Wifi経由で撮影している映像をスマホなどで確認できるので、動きを確認しながら撮影する必要がありそうです。

↓↓実際の動画はこちら↓↓

「メタルジグの動き撮るぞう君」まとめ

やってみて反省点と課題ばかりですね〜

  • 1.5mでは短すぎる2.5mは要りそう
  • ヒモは外そう!
  • かなり透明度の高い海でやるべき
  • プランクトンやクラゲが意外と写って邪魔
  • 被写体(メタルジグ)を狙うのが難しい

唯一の良かった点は、ロッドホルダーに刺さるという点だけですね(笑)

「メタルジグの動き撮るぞう君」は89,000円(税別)で、5月末発売予定です。

というのは冗談ですが、「メタルジグの動き撮るぞう君Ⅱ」を開発開始します〜

 

 

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。