私が感動して真似しちゃった「メタルジグの収納方法」

Pocket
LINEで送る

image

おはようございます。会長です!

メタルジグって、使わないのについつい沢山持っていってしまいますよね〜

水深が深かったら。。。根掛かりしてロストしたら。。。ベイトが小さかったら。。。

なんて考えていると、持っていくメタルジグが大量に。。。

今日は、その大漁。。。。もとい大量のメタルジグを、コンパクトに便利にお安く収納する方法を紹介したいと思います。

ちなみに、釣り仲間がやっていた収納方法を見て、ちょっと感動して真似しちゃた方法ですw

「100円ショップのカゴ」がメタルジグの収納に超便利!

image

おいおいカゴかよ!と思った貴方!

ちょっと、最後まで聞いてください♪

image

まずカゴの利点ですが、収納にかかる時間がとにかく早い!どかっとメタルジグ掴んで入れるだけで、あっという間に収納。37本のメタルジグを収納するのにかかった時間はたったの10秒。

ちなみに、メタルジグは100本近く入りますが、10kgを超えますので、50本程度がオススメです。

image

カゴは、ドカットなどのタックルボックスにピッタリ収納できます!写真のドカットは中間サイズのD-4700です。

37本収納しても、カゴの半分以下なので

image

上の余ったスペースに、アシストフックを入れたケースとか、まだまだ収納できます。

ここまでなら、普通なんですが、便利だと思ったのはここから!

image

船に乗ったら、このカゴをそのままタックルボックスから出して、釣座に持って行って使えます。

釣座がミヨシ(船首)になった場合は、ドカットを後ろの方に置いたまま、このカゴだけ持って釣座に行ってます。プライヤーやアシストフック、根掛かり用の棒なんかも一緒に入れておくのがオススメです。

ドカットやジグバックの中にジグを収納すると、いちいちジグを出して交換するのは面倒で、ついついジグチェンジを怠ってしまいますが、カゴ収納ならジグチェンジが速い速い!

メタルジグを探すのも結構簡単です。

image

最後に、使ったメタルジグをカゴごと丸洗い出来るのがいいです〜。

水洗いすることで、カゴの劣化も遅く出来るようです。

大体カゴは2年ぐらい持ちますが、よくばってジグを沢山入れると、持ち上げた時に、バキッ!って取っ手やカゴが割れちゃいますので、注意してくださいね♪  

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。