波予測ではない!?今の波情報がリアルに分かる「リアルタイム ナウファス」

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

週末になると、波の高さが気になりますよね〜。

いろんなサイトやアプリで波情報を確認しているとは思いますが、今日は今現在の波の情報がリアルタイムで分かる「ナウファス」というサービスの使い道をご紹介したいと思います。

リアルタイムで今の波の情報が確認できる「ナウファス」

利用されている方も沢山いらっしゃると思いますが「ナウファス」は、国土交通省港湾局をはじめ全国の事務局の協力の下、運営されている「波浪情報網」で、観測地点78ヶ所の現在の波の状態をリアルタイムで確認できるサービスです。

使い方はとてもシンプルで、ナウファスのホームページにアクセスし、日本地図から大まかな地域を選択します。

観測地点が出てきて、今現在の波の状態がカラー別に表示されます。さらに詳しい波の状態を見たい場合は、観測地点をクリックします。

今回は「伊勢湾口沖」をクリックして、見てみました。

まず波高ですが、青い棒グラフで表示されます。この記事を書いている12日の20:00現在、波は1m弱になっています。波予報のサイトでは無いので、これから波がどうなるかは予測されていません。

赤い線は波の周期を表しています。波の周期は数値が大きければ、波の周期が長いということなので「うねり」が大きいということになります。台風などのうねりでは、8S(8秒)を超える大きい周期になることが多いです。

「日表を表示」というボタンを押すと、さらに詳しく数値で確認できます。

波高や周期以外にも、波の向きも分かり、20分単位で更新されていきます。

今の波の情報を知って、どう使うの?

リアルタイムの波情報は、波の予報に幅がある時にかなり便利です。

例えば、波の予報サイトの情報が2.5m後0.5mの場合で、朝6時出船などの場合。朝4時頃に家をでる時に確認すると、今現在どこまで波が落ちているか確認できます。

マイボートで出船する場合は、ナウファスで見た波情報が「2.5mや2m」の高いの波の状態なら出港を遅らせ、集合時間を遅らせる連絡をして二度寝しますw 逆に1.0mぐらいまで落ちていたら、安心して家をでる事が出来ます。予報の2.5m後0.5mという予報だけでは、現在の波の状態がわからず、出船出来るかかなり心配で、気持ちを迷いながら海に向かうことになってしまいます。

ジギング船にのる場合も同じように、家を出る前に波予報とナウファスを確認し、微妙な波予報の場合でも、気持ちに余裕を持って、港に向かうことが出来ます。

使っていただくとわかると思いますが、2.0mのち1.0mみたいなの予報で、出船できるか心配していても、ナウファスを見ると意外と1.0mまで落ちていたりします。

マイボートを持っている方は必須のサービスですが、知っていて損のないサービスですので、使われていない方はぜひ使ってみてください♪

リアルタイム ナウファス
http://nowphas.mlit.go.jp/index.html

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。