「PEライン同士」をFGノットで結合した時の結束強度を測定してみた!

Pocket
LINEで送る

wp-1451917036048

おはようございます、しょうへいです。

以前、「PEライン同士の結び方」で「FGノット」を紹介しましたが、体感で強い気がしていましたが、実際に強度を測ったかことがないので計測してみました。

FGノットで「PEライン同士」を結んで、強度テスト実験

DSCF0949[1]

いつものように、ノットアシスト2.0を用いて、FGノットでPEライン同士を結んでみました。

かなり、結びにくいですが、がんばって結びました。

ラインは2号(20lb・9kg)を用いました。FGノットの編みこみは10回(上下10セット)です。

結んだら、思いっきり切れるまで引っ張って、ドラグチェッカーで計測します。

FGノット同士の結合強度テストの気になる結果は!?

今回は、5回テストをしました。

回数 切れた負荷(kg) 強度
1 6 67%
2 4 44%
3 5 56%
4 6 67%
5 5.5 61%
平均 5.3 59%

う~ん。弱いですね〜。以前やった時は70lbのPE同士で結合したので、締め込み時に強い感じがしましたが、細いPEで実際やってみると弱いのが分かりますね。

切れ方はほぼすっぽ抜けでした。

雑感ですが、PEラインは弾力性がないので、締め込みをしても食い込む感触がありませんでした。

PEライン同士を結合するには「FGノット」は向いていないようです。

以前、紹介したのに申し訳ありませんでした。やはり実際計測して紹介するべきでした。

PEライン同士を100%に近い強度で、結合するのは難しいかもしれませんが、今後もいろいろ試してみたいと思います。

 

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。