サルカン結びの結束強度⑥シンプルな最強結び(漁師結び)の結束強度は!?

Pocket
LINEで送る

DSCF0986[1]

おはようございます、ノット切るまで引っ張るマン、しょうへいです。

前回の「完全結び(漁師結び)の結束強度」に引き続きまして、今回もリクエストいただきました漁師結びの強度テストをやってみたいと思います。

今回は、最強結びというノットで、こちらも完全結び同様、漁師結びと呼ばれるノットです。

シンプルで結びやすい「最強結び」

最強結び(漁師結び)

004-21

主に太号数で利用されるノットです。シンプルで締め込みがしっかり出来るので強力もしっかり出せます。

(引用元:よつあみ http://yoz-ami.jp/line_knot/1310

実は、普段私はこの結び方を愛用しています。

ルアーが付いたままの金属パーツにもカンタンにすぐに結べるところがお気に入りです。

それでは早速、いつものようにテストしてみましょう!

DSC_8869

ショックリーダーは、フロロカーボン30lb(13.6kg)を用いました。ノット単体の強度を見るためにハーフヒッチはしていません。

シンプルな結び方(ノット)は強い!?

10回のテストを行いました、結果がこちらです。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 12 88%
2 12 88%
3 12 88%
4 12.5 92%
5 12 88%
6 12 88%
7 12 88%
8 12 88%
9 12 88%
10 12 88%
平均 12.05 89%

結束強度100%とはいきませんでしたが、平均で89%と安定した強度を見せました。

強度的には「ダブルクリンチノット88%」とほぼ変わりませんが、形がシンプルなのでバラツキがないのが特徴ですね。

今回も100%のノットとは行きませんでしたが、これからも100%の強度を目指していろいろなノットのテストを行っていきたいと思います。

他にもジギングに関する「怪しい伝説」、「ウワサ」、「ギモン」などのテストのリクエストもお待ちしております!

 

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。