「ハーフヒッチ」は強度に影響するのか② 「パロマーノット」との組み合わせを試してみた

Pocket
LINEで送る

DSCF1138[1]

おはようございます、しょうへいです。

寝苦しい日が続きますね~、海に出てリフレッシュしたいですね♪

今回はFacebookでリクエストいただきました。パロマーノットとハーフヒッチの編みこみを組み合わせたときの強度を調べてみました。

いつもリクエストありがとうございます、さっそく試してみました。

見るからに強そうな組み合わせ!?

DSCF1138[1]

こちらが「パロマーノット」をした上にハーフヒッチを8回(上4回・下4回)編みつけたノットです。見るからに強そうです(笑)

以前、「パロマーノット」を単体でテストしたときは平均12kg・89%。ミスさえしなければ100%近い強度が出ることが確認されています。

DSCF0997[1]

ちなみにですが、そのときのミスがこちら。ラインが交差してしまうと強度が落ちることが確認できています。

今回はラインが交差してしまわないように気をつけてノットを結びました。

ラインはフロロカーボン30lb(13.6kg)を用いました。

ドラグチェッカーで切れるまで引っ張って計測です。

パロマーノットは安定の強度を発揮!!

5回テストを行いました。結果がこちらです。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 14 103%
2 14 103%
3 14 103%
4 14 103%
5 14 103%
平均 14 103%

強度はバッチリ100%超え!しかもとても安定しています!

DSCF1147[1]

切れるときは、「パロマーノット」とハーフヒッチの間の部分から切れるようです。

もともと強かった「パロマーノット」、ハーフヒッチで強度アップは間違いありませんでした♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。