理論上は結束強度100%!? ジギング魂オリジナルノット「ソウルノット」

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

最近、リーダー同士の結束(先糸結び)の強度テストをやっていますが、なかなか強度のでるノットが見つかりません。

しょうへい氏があみだした「トリプルサージェンスノット」の4回番「クアドラプルサージェンスノット」が結束強度87%を叩き出し、今のところ最強です。

私も何か強度の出そうなノットが無いか考えてみたところ、新しいノットを思いつきましたので、早速やってみたらなかなかいい出来なのでご紹介したいと思います。

理論上の結束強度は100%!ジギング魂の結束強度テストから編み出されたオリジナルノット

とりあえず、結び方から紹介したいと思います。

わかりやすいように、ロープ買ってきました。先糸の結び方ですので、太いロープと細いロープを用意しました。

まずは、太いラインを二重におります。

最初は長めに折ったほうがやりやすいです。

細い方のラインを、輪っかの下から通します。※わかりやすいように細い方のラインをマジックで赤く塗りました

細いラインの下に通してクロスさせます。

細いラインの先を、今度は上から通します。

くぐらせたラインを、細いラインの上に通します。

こんな感じです。残った端糸を長めに取ると後が楽です。

細い糸を両方引っ張って、締め付けます。

裏に返すと、こんな感じ。

勘の良い人は、もうお気づきだと思いますが。そう!サルカン結びで100%を達成した、イモムシノットの最初の部分です。

太いラインの輪っかをサルカンに見立てて、細いラインをイモムシノットのようにハーフヒッチしていきます。

 

太いラインの方は、足の指に巻き付けて、ラインをピ〜ンっと張るとハーフヒッチが楽です。

このように、上下を交互に一つ結びしていき

8回(上下4回ずつ)結んでください。

8回目は、エンドノット(2回巻く)で止めてください。※エンドノットは後で説明します。

8回巻く理由は、イモムシノットのハーフヒッチの回数テストで100%を達成した巻回数だからです。
※今回は、4回しか結んでいませんが、8回お願いします。

今度は太いラインの方をハーフヒッチしていきます。

太いラインの方は、4回交互に結び、5回目をエンドノットで止めてください。
※こちらが5回でいい理由は、ハーフヒッチ回数テストで4回以上で96%オーバーをマークし、太いラインの96%あれば細いラインの100%を十分カバーできるからです。

エンドノットは、このように2回通して止めるノットで、ハーフヒッチの最後に使うとほどけにくくなります。

結び終わったら、端糸をカットします。

完成です。

実際のラインでやるとこんな感じになります。※25lbと40lb

結び目が大きく(長く)、ガイドの通りは悪そうなので、タチウオジギングやサワラジギング、キハダキャスティングなど、歯の鋭いターゲットを狙う場合に、細いラインに太い先糸を50cm程度付けるような場合に使えそうなノットです。

ジギング魂オリジナルノットですので、ソウル(魂)+ノットで「ソウルノット」とでも、命名しちゃいます♪

気になるのは「結束強度」ですが「ジギング魂ノットテスター しょうへい氏」に、テストをお願いしてありますので、明日公開したいと思います。

理論上は細いラインの100%を記録しそうな気がしますが。。。

果たして結果はどうなのでしょうか!?楽しみです♪

弱かったらゴメンナサイm(_ _)m

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

  1. 初めまして。いつも興味深く読ませてもらってます。ふと思ったのですが、これ、ループトゥループ+ハーフヒッチだとどうなるでしょう?いつか検証をお願いします。

コメントは閉じられました