リーダー同士の結束(先糸)の強度テスト⑦ジギング魂オリジナルノット「ソウルノット」

Pocket
LINEで送る

おはようございます、しょうへいです。

昨日、紹介した、ジギング魂オリジナルノット「ソウルノット」ですが、実際の強度はどうなのでしょうか?

最高記録はでるのでしょうか~、早速テストしてみました。

「ソウルノット」のちょっとしたコツをご紹介

DSCF1354[1]

結び方は、前回の「ソウルノット」の記事を参考にしてください。

実際に結んでみたのですが、両方のラインをぴんと張った状態で保持しなければならないため、ノットアシスト2.0を利用しました。

FGノットを船上でも簡単に結べるようになる便利アイテムですが、実はハーフヒッチのアシストにも便利です!

DSCF1358[1]

出来上がったノットがこちらです。

確かに結び目は大きいですが、がっちりしているのですっぽ抜けはなさそうです。

今回の実験では、フロロカーボンの8号(30lb・13.6kg)と6号(22lb・10kg)を結束してみました。

結束したラインをドラグチェッカーに挟み、どれだけの力で切れるかをテストしてみました。

出るか100%!気になる強度は?

5回テストを行いました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 7.5 75%
2 7.5 75%
3 7.5 75%
4 7.5 75%
5 7.5 75%
平均 7.5 75%

う~ん、残念、75%にとどまりました。

「電車結び57%」オルブライトノット61%」「ブラッドノット74%」「サージェンスノット73%」を超えることはできましたが

クアドラプルサージェンスノット」の87%には及びませんでした。

DSCF1364[1]

切れ方は毎回同じで、ライン同士を噛み合わせている部分で切れました。

強度が安定していることから、ラインに横方向の力が加わった場合の限界がこの75%という結果なのだと思われます。

今回は残念でしたが、これからもリーダー同士の結束の強いノットを探して研究していきます!

追伸

会長です。理論上は100%を叩き出すノットだと思ったのですが、なかなか現実は厳しいですね〜。お騒がせして申し訳ありません。

今回切れた場所から考慮して、新たに「ソウルノット改」を考えてみたいと思います。

リーダー同士の結束強度最強求めて頑張ります♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. いつも楽しく拝見してます。
    村田基氏の推奨するキングノットってどうなんでしょう?
    自分も現場で使う時もありますダブルラインはビミニツイストにしないですが、村田氏曰く、GTやマグロもこれで捕ったとか言っていましたが…

  2. ラインの噛み合わせのところをどちらもイモムシノットの始めの形にしたらどうなりますか?

  3. こんにちは
    いつも興味深く拝見させていただいております
    ノットは永遠のテーマですね
    いろんな可能性、要望あるかと思いますが
    無理なさらずにチャレンジしてみてください
    応援しています!

コメントは閉じられました