安くて釣れる!マリアのダイビングペンシルベイト Rapido「ラピード」が釣れる理由とは!?

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

発売から約3ヶ月が経とうとしている、マリアのダイビングペンシルRapido「ラピード」。

最近、使用率が高く、結構お気に入りのトッププラグなのですが、なかなか良い釣果に恵まれていますので、ちょっとご紹介したいと思います。

「青物用ダイビングペンシルベイト」 Rapido「ラピード」が釣れる理由は!?

マリアから6月に発売された、「Rapido ラピード」は、青物用のダイビングペンシルベイト(トッププラグ)です。

サイズは160mm 50gとミディアムなサイズのプラグで、同社から発売されている人気のプラグ「ローデット」に比べると、細身のプラグです。

フックサイズは、太軸の#1が付属されていますが、シングルフックとの相性もよく、私もシングルフック仕様で使っています。
※シングルクダコ3/0、波があって、水面に飛び出しやすい場合は4/0を使っています。

Max80m!圧倒的な飛距離

お気に入りの理由の一つは、「圧倒的な飛距離」です。

データではPE3号、60lbでMax80mを記録したそうで、私はPE4号、70lbで使っていますが、同じぐらい飛びます。

細身の形状だからか、向かい風にもかなり強いです。

飛距離は釣果アップにダイレクトに繋がりますので、このルアーが釣れる一つの大きな理由かもしれません。

動かしやすく、様々なアクションを行える

お気に入りの理由の2つ目として「かなり動かしやすい」という点があります。

ロングジャーク、ちょっと速めのジャーク、ショートのトゥイッチでも使えて、どのアクションでも転がったり、飛び出してしまったりという、ミスが起こり辛く、簡単に動かせるルアーです。

ミスアクションが減るのも、釣果アップの秘訣です。

様々なアクションが出来ますので、アクションを変えたり、組み合わせたりすることで、「釣れた感」より「釣った感」が高く感じら得るのも最近、このルアーが気に入っている理由です。

もう、皆さん見てるとは思いますが、動きの良さは動画を見ていただけるとお分かりいただけると思います。

まとめますと、Rapido「ラピード」は、「圧倒的な飛距離」と「状況により使い分けれるアクション」、「ミスアクションの軽減」により、釣果が高まっている気がします。

遠くに飛ばして、丁寧に引くが大事なのですね♪

最後に、Rapido「ラピード」は価格が実売で2000円前後と、財布に優しいのも魅力の一つです。

1万円前後のウッドプラグを一時買いまくって、感覚がおかしくなっているのかもしれませんがw コストパフォーマンスの高いことは間違いないルアーです。

ジギングの釣行時に、トップのタックルに最初につけておきたいルアーです。

マリアRapido「ラピード」160F 1,987円(税込)

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。