【紫外線劣化検証①】紫外線を1日浴びせた「ナイロンリーダー」の強度を測ってみた!

Pocket
LINEで送る

 

DSCF1491[1]おはようございます、しょうへいです。

先週ですが「1日ジギングで使用したナイロンリーダーの強度が低下しているかの実験」を行いました。

実際に7%程度の劣化が発生しているという結果がでました。

そんな中、「1日日光に当てて紫外線を当てただけでも劣化する」というご意見をいただきました。

実際どのくらいの劣化が起きるのか、実際にやってみました!!

ナイロンリーダーを一日野外に放置!

DSCF1478[1]

今日は良い天気でしたので、ナイロンリーダーを5ヒロくらいとり、くるくる丸めて外の水道の蛇口にひっかけておきました。

一見、クシャクシャに見えますが、傷をつけたり負荷をかけたりはしていません。

私の家の一番日当たりの良い場所に、朝の6時から夕方6時まで12時間放置してみました。

見た目にはまったく変化はありません。(そりゃそうですね^^;)

DSCF1492[1]

これを、いつもの計測セットで切れるまで引っ張ってみます。

使用したナイロンリーダーは7号 30lb(15kg)のもので、実際に15kgで破断することが確認されています。

1日外に置いたリーダーは本当に紫外線劣化しているのでしょうか?

1日野外に放置したナイロンリーダーの強度は!?

3回テストしました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 14 93%
2 14.5 97%
3 14.5 97%
平均 14.3 96%

前回の吸水実験ほどの低下は見られませんでしたが、どうしても元通りの15kgという強度には到達しませんでした。

やはり紫外線で少しずつ劣化してくようです。

とはいえ、4%なのでその日は問題ないと思いますが、使用を続けると、日を追うごとに徐々に劣化が進んでいくものと思われます。

DSCF1494[1]

ということで、ラインシステムを組んでだあとのリールは、カバーをかけるかケースに保管するのがいいかもしれませんね。

フロロカーボンのリーダーも、また晴れた日に実験してみます♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. PEラインの劣化について調べてもらえませんか?
    1.5号で青物と通年、遊んでいるのですが、さすがにヤバイかなぁって思って、年1回は交換するのですが。。。
    過去に行っていたら、ごめんなさい。 ヨロシクお願い致します。

  2. ナイロンとフロロカーボンのショックリーダーの強度の差ですがトータル的に見て、私は正直ナイロンがフロロカーボンよりか強いと思います。一つは同じ太さで強度でいうとナイロンはフロロよりワンランク細いのでナイロンが強い、フロロカーボンは傷、擦れには確かに強いかもしれませんが水を吸って白く濁ったフロロカーボンは極端に劣化し強度も落ちます。太いフロロカーボンのリーダーはナイロンに比べて硬いので結び辛いという欠点があります。ナイロンは結びも締め込み易く楽にノットが組めます。 なので私はショックリーダーはフロロカーボンでなくナイロンを多様してます。

コメントは閉じられました