釣りの遠征に便利な「2WAY防水キャリーバック」をご紹介!

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

私は最近、遠征することがとても多いのですが、遠征するときに一番困るのが、釣具の収納方法。

自動車で遠征するのであれば、それほど困りませんが、飛行機や電車、フェリーで移動することも多く、コンパクトにまとめて移動を楽にする必要があります。

また、飛行機の重量制限を突破する必要がある為、いつも頭をひねっています。

今日は、そんな飛行機や電車での遠征に便利なアイテムを一つ紹介したいと思います。

機内持ち込み可能な防水2wayバック

オススメしたいアイテムは、自転車のメーカーとしても有名な、DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)から発売されている、2WAYバックです。

2WAYバックとは、キャスターの付いたキャリーバックにもなりつつ、背中に担げるバックで、この2WAY機能が釣り人の遠征を支えます。

遠征になると、ロッドケースと、大型のキャリーバックを使うのですが、飛行機の場合この2つの荷物は預けます。重量が大体20kgぐらいまでは無料なので、ロッドケースとキャリーバック合わせて20kgに抑えます。

機内に持ち込みできる荷物もあり、3辺が115cm、重量は10kg以内ですが、重量を測ることはあまり無い為、事実上サイズ内に納めれば重量は無制限です。

この第3の荷物(手荷物)に、DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)の2WAYバックがお薦めです。

サイズは、3辺で約110cmですので、機内持ち込みが可能です。

また、背中に担げる為、大きなキャリーバックとロッドケースを持っていても十分動けます。重量も本体が2.5kgなので、なかなかの荷物を詰め込めます。

容量が31Lで

いつも遠征で利用している、リールが4,5台入る大型のリールバックも

こと通り、すっぽり収まります。

ポケットがあちこち付いていますので、結構便利です。海外遠征などではパスポートや飛行機などのチケットを入れておくといいかもしれません。

中にもポケットが2箇所。

上のチャックをあけると、キャリーケースに変身する、アルミフレームが隠れています。

ボタンを押しながら引っ張れば、ニョキニョキっと出てきます。

 

後ろのチャックをあけると

ベルトが出てきて

背中に掛けれるバックに大変身!

大型キャリーバックとロッドケースを持っているときは背中に背負って、飛行機などで荷物を預けたら、キャリーバックに変身させて、ゴロゴロと運べます。

生地が防水性で、ファスナーもYKK製のサビに優れたものなので、雨が降ったりしても安心です。船に持ち込むことも多いのでありがたい機能です。 

11月は対馬遠征と与那国遠征、来年開けには海外GT遠征が控えていますので、私個人的にも大活躍しそうなアイテムです。

これだけの機能があって、価格は7,000円ぐらいですので、通常の旅行用としてもかなりお買い得の商品ではないでしょうか♪

DOPPELGANGER 防水 2WAYアウトドアキャリーバッグ 7,291円(税込)

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。