【紫外線劣化検証②】紫外線を1日浴びせた「フロロカーボンリーダー」の強度を測ってみた!

Pocket
LINEで送る

DSCF1499[1]

おはようございます、しょうへいです。

昨日は釣りに行く予定でしたので、フロロカーボンリーダーの吸水劣化の検証……と思っていたのですが、
強風のため出船中止になりました。

というわけで、前回のナイロンに引き続き、フロロカーボンのショックリーダーが紫外線でどのくらい劣化するのかを調べてみました!

ナイロンは紫外線劣化に弱いと言われいますが、比べてみて結果はどう変わるのでしょうか!?

フロロカーボンのショックリーダーを一日野外に放置!

DSCF1498[1]

うっかり朝写真を撮るのを忘れたので、夕方になってからの撮影なので少し暗いですが、今日も良い天気でしたので、フロロカーボンのリーダーを5ヒロくらいとり、くるくる丸めて外の水道の蛇口にひっかけておきました。

ナイロンと同じく私の家の一番日当たりの良い場所に、朝の6時から夕方6時まで12時間放置してみました。

見た目にはまったく変化はありません。

DSCF1492[1]

これを、いつもの計測セットで切れるまで引っ張ってみます。

使用したフロロリーダーは8号 30lb(15kg)のもので、実際に15kgで破断することが確認されています。

ナイロン同様、1日外に置いたフロロリーダーは紫外線劣化しているのでしょうか?

フロロカーボンショックリーダー紫外線劣化テストの気になる結果は!?

3回のテストの結果がこちらです。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 14.5 97%
2 14.5 97%
3 14.5 97%
平均 14.5 97%

まったく劣化していないよいうに見えましたが、元通りの強度はどうしても出ませんでした。

やはりフロロカーボンもナイロン同様、紫外線で若干ですが劣化していくようです。

とは言え、全然使える範囲ではありますので、船に持ち込んだけど使わなかったというぐらいでは、交換の必要はなさそうですね♪

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。