水中動画も!シーフロアコントロール「ガーキー」の使い方

Pocket
LINEで送る

シーフロアコントロール ガーキー

皆さん、スロージギングやってますか?

最近、再びスロージギングにハマりつつある会長です!

今日は、シーフロアコントロールから発売されている、スロージギング用メタルジグ「ガーキー」の使い方について紹介したいと思います。

フォールに特化したメタルジグ

ガーキーはジャークを主体にしたジグではなく、フォールに特化したスロージギング用のメタルジグで、ティップの反発を利用して、横を向かせると、ゆらゆらとバイブレーションしながらフォールするジグです。

ショートピッチからの
全てのフォールに特化したitem

ロングフォールジャーク用としてデザインされたこのシェイプは、たとえ水深300m超の海底付近でも変わらない扱いやすさを追及しました。コンパクトなフォルムは、二枚潮にも影響されにくく、かつ繊細なアクションにも機敏に反応し容易にステイを維持できます。フォール時にはゆりかごのようなややゆったりとしたなバイブレーションを基本とし、水流を受けることによりウイービングアクションをプラスするようになるため、潮流に対してステイするベイトフィッシュを自然と演出することとなります。当初より特にディープエリアを意識したアプローチに重点をおいておりましたが、早期テストの段階から幻の魚「アラ」を連発するといううれしい成果をあげることができました。上げ、下げともにソフトなショートアクションに追従するため、スローピッチジャークを実践したことのあるアングラーであればどんな水深でも万能型のパイロットジグとして誰でも違和感なく使っていただけることでしょう。

引用元:シーフロア
コントロール「ガーキー」
http://seafloor-control.com/html/gawky.html#

ガーキーの動きを撮影した水中動画

ガーキーの動きを撮影した水中動画を紹介します。水が綺麗で、ジグの動きがよく分かる動画です。スローモーションでも見せてくれるので、バイブレーションしているのがよくわかります。

【動画】シーフロアコントロール ガーキーの水中アクション!(水中撮影)

ガーキーのセッティングと使い方のまとめ

ガーキーのセッティングは、フロントとリアの両方に前後のフックがかからない程度ギリギリで、長めのフックを付けます。

ガーキー 使い方

使い方は、シャクったあと、ロッドのティップの反発を利用し、横を向かせてフォールさせます。

分かりやすい動画がありましたので、紹介します。

【動画】アンバージャック動画★SFCガーキーアクション解説!

遠征時のスロージグの調達でお世話になります、スロージギング専門店「アンバージャック」さんの動画でした。
http://www.amberjack.jp/

アンバージャックさんではガーキーの限定カラーも販売されています。
http://gigaplus.makeshop.jp/amberjack/cate/jig/se01acg.html

 

今年、石垣島の遠征で、魚がジグを追ってこないパターンになり、フォールしか食わないという状況がありました。そんな状況でも、フォール主体のジギングでカンパチをはじめ、いろいろな魚が釣れました。

フォール主体のメタルジグ「ガーキー」、テクニックの一つとして手に入れてみては!

サイズ・価格

■ 60g ¥1,250- ■ 80g ¥1,450-
■ 100g ¥1,700- ■ 130g ¥2,050-
■ 150g ¥2,350- ■ 180g ¥2,450-
■ 220g ¥2,600- ■ 260g ¥2,750-
■ 300g ¥2,850- ■ 340g ¥2,950-
■ 380g ¥3,000- ■ 420g ¥3,100-
■ 450g ¥3,150- ■ 500g ¥3,250-
■ 600g ¥3,700- ■ 700g ¥3,950-
■ 800g ¥4,200- ■ 900g ¥4,450-

※グローは各サイズ¥150アップとなります

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。