鉄ジグシリーズ「スイムライダー・スイムバード」の水中映像と使い方が分かる3つの動画

Pocket
LINEで送る

DSC_7453

こんばんわ!しょうへいです。みなさんは初売りはもう行きましたか?

私は、軽比重のジグが大好きで、鉄や錫(すず)、アルミなどのメタルジグをよく使います。

今日は、その中でも鉄で出来たメタルジグ「鉄ジグシリーズ」のスイムバードやスイムライダーの水中映像と使い方をご紹介します。

貴重な鉄ジグシリーズ「スイムライダーやスイムバード」の水中映像!

以前も紹介しましたが、鉄ジグは鉛ジグにに比べて同じ形状でも、約30%軽くなりますので、鉛に比べフォールが長いことが特徴です。

そんな鉄ジグの水中映像が見れる動画がこちらです。

そもそも、ジグの水中映像はあまり見ることができません。

なぜならジギングで使われるリールは1巻きが90cm以上あるものが使われます。さらにロッドでのアクションが加わることで、1アクションごとに1m以上ジグが跳ね上がることになります。

これを暗い水中でカメラで追うのは大変ですので、なかなかジグの水中映像は少ない為、ジグの動きを撮影した動画は、かなり貴重な映像です。

動画は、東海大学の巨大水槽施設で撮影されています。潮流が再現され、魚も泳いでいるため、実際の海中に近い環境で撮影されているのがポイントです。

なかなか見ることができない水中でのアクションと、フォール時の姿勢が確認できます。

さらに、魚がジグを追うシーンは必見です!

jig2

なかなかジグを水中から見上げる機会はありません、この動画のおかげでイメージを膨らませながらジギングをすることができますね。

鉄ジグ「スイムライダー」の使い方(動かし方)

先ほどの映像で使われていた、スイムライダーと使い方の動画がこちらです。

使い方を説明してくれるアングラーはパパ大津留さんです、早巻きとゆっくりめのジャークのコンビネーションがキモのようです。

鉄ジグ「スイムバード」の使い方(動かし方)

スイムバードの使い方は荻原正幸さんが解説しています。

左右に竿を振り泳がせる動きは必見です!このような泳がせ方は想像にありませんでした、勉強になりますね。

以上、3つの動画で鉄ジグの動かし方と、水中のイメージはバッチリですね。

鉛に比べ約30%軽い、軽比重ジグを是非お試しください♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。