シマノから発売されるインチク「炎月 ロックホッパー 集魚カスタム」はまさに反則級!?

Pocket
LINEで送る

46912_lineup1

おはようございます、しょうへいです。みなさーん!インチクって使ってますか!?

青物がどうしてもインチクにしか反応しないとき、お土産のキジハタがほしいとき、ベイトがイカの時・・・・・・etc

インチクを使うケースもあると思います。

シマノよりタコベイト部に匂いと味の集魚エキスが付いたインチク「炎月 ロックホッパー 集魚カスタム」発売されます。

まさに反則級!?これはルアーか!?はたまた餌か!? さっそくチェックしてみましょう!!

タコベイト+イカゴロエキス=反則級!?

46945_lineup1

「炎月 ロックホッパー 集魚カスタム」のヒミツはタコベイトにあります。

高浮力のタコベイト部分にイカゴロエキスがたっぷり染み込んでいるため、タコベイトだけでもかなりの集魚効果があります。

タコベイトはタダ巻きするだけでゆらゆらと水流を受けて動くアイテムです。

SHIMANO TV公式チャンネルに水中動画がありますが、いかにも釣れそうな動きをしてくれています。

このタコベイトに臭いがついたら・・・・!?

まさに”ほぼ餌”かもしれませんね(笑)

集魚効果だけじゃない!ロックホッパーの多彩な使い方

34277_feature1

「炎月 ロックホッパー」シリーズはインチクながらインチク部分にラインを通すことができる遊動式のシステムになっています。

この遊動システムのおかげで食い込みが良く、スローなタダ巻きというタイラバ的な使い方ができるのが特徴です。

さらに遊動式になっているため魚が掛かったあと、重いインチク部分とフックが離れることができるためバラシを軽減してくれる効果もあります。

34283_feature1

また、遊動式はそれだけではなく「わざとタコベイト部分を離す」という使い方も可能となっています。

ベイトが小さく、大きなシルエットに反応しないとき、フォール時に意図的にラインスラックを出すことでインチク本体をタコベイト部分を分離した状態で魚に見せることができます。

34281_feature1

「炎月 ロックホッパー」シリーズはインチクそのものがスライドアクションをするように設計されていますので、ベイトが大きいときや、遊泳力のある青物を狙うときは、ラインスラックを出さないようにアクションさせることもできます。

インチクでありながら、ジグ的な使いかたもできるのが「炎月 ロックホッパー」の強みです。

フォールもヒラヒラと左右にゆれながら落ちる動きをするため、状況に応じて「スライドアクション」「ラインスラッグを使ったアピール」「テンションフォールで見せる」など、さまざまな使い方ができます。

タダ巻きだけじゃない!のが「炎月 ロックホッパー」の一味違う点ですね♪

まあ、今回は味も付いていますので、二味ですが(笑)

「炎月 ロックホッパー 集魚カスタム」は2017年3月発売、春から1年のシーズンを通して、秘密兵器として活躍してくれそうです。

サイズは90g、115g、135g、160gの4種類で、カラーが上の6食。。。もとい6色展開されています。グロー系が豊富で、かなり釣れそうですね♪

シマノ 炎月 ロックホッパー 集魚カスタム
http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/4773

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。