Daiwaから発売のメタルジグ収納バッグ「ジグメッシュバッグ」に新サイズが追加!

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

皆さん、メタルジグの収納はどうしてますか?

昨年Daiwaから発売された、メタルジグの収納ケース「ジグメッシュバッグ」に新たなサイズが追加されましたので、便利な使い方を含めてあらためてご紹介したいと思います。

Daiwaジグメッシュバックとは?

昨年も発表された時にご紹介させていただきましたが、Daiwaから発売されている「ジグメッシュバッグ」はPVCで出来たメタルジグの収納ケースです。

PVCとはポリ塩化ビニルのことで、塩ビとも呼ばれています。

ポリ塩化ビニルは高い耐水性と、紫外線などからの劣化に強い耐候性を兼ね備えた素材ですので、釣りで使うようなアイテムには最適の素材です。

私も、約1年使っていますが、劣化は全くありません。

塩ビ製なのでふにゃふにゃかと思いきや、輪郭などワイヤーなどが入っているようで、結構しっかりした作りです。

jigmeshbag_1

蓋はパカッ!と開いたままに出来ますので、意外と釣座でのジグの交換はスムーズです。

やはりジグメッシュバッグの一番のメリットは、釣り終了後にそのまま丸洗い出来ること、メッシュもいい感じのサイズで、フックもつけたまま収納できますので、使ったフックも一緒に洗うことが出来ます。

私は、ジグメッシュバッグを使うまでは、100円ショップのカゴにメタルジグを入れていたのですが、100円ショップのカゴって、持ち手が弱くて、直ぐにバキッと割れちゃうんですよね。メタルジグ入れ過ぎかもしれませんが。。。

あと、飛行機にのるような遠征時に持って行きにくいんでが、ジグメッシュバッグにしてから、スーツケースに収まるようになりましたので、遠征時のジグの収納がとても便利になりました。

現場では、手すり等にベルトで固定して使うことが出来て、そのまま蓋をパカパカ開けることが出来ますので、とても便利です。

遠征などでは3日ほど釣りをすることがありますが、浴室などで洗って、そのまま干しています。メタルジグをたくさん入れていて、結構重いですので、強めのステンレス製のS字フックなどを持って行くと便利です。

待望の新サイズが登場!

その便利な「ジグメッシュバッグ」に横幅が小さくなったショートタイプと長くなったロングタイプの新サイズが登場します。

もともとのサイズは、中間に位置するサイズだったのですが、横幅が26cmもあり意外とロングジグも収納できました。

今回のロングタイプは31cmありますので、遠征などで重くて長めのロングジグを使う方にはオススメです。大は小を兼ねますからね♪

ショートタイプは横幅が17cmですので、ライトジギングにオススメのサイズです。セミロングタイプなら入るかな〜とも思いますが、スミスの人気のメタルジグCB.マサムネが185mm(18.5cm)ですので入りません。軽めで短めのジグを収納するケースだと思っていただいたほうがいいみたいです。

商品名

本体外寸

メーカー希望価格
ジグメッシュバッグショート 約9×17×9cm 2,450円
ジグメッシュバッグ 約11×26×10cm 3,100円
ジグメッシュバッグロング 約11×31×10cm 3,700円

価格はショートタイプが少し安くなっていて、ロングタイプは高くなっているみたいですね。

ショートタイプとロングタイプの発売は4月とのことです。

ただ、最初の一個は既に発売されている中間のサイズを購入されることをオススメします〜

Daiwa ジグメッシュバッグブルー

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。