アシストフック自作方法② 準備編

Pocket
LINEで送る

 

ラインをカット

こんばんは!しょうへいです!

このままの予報では明日こそは出船できそうですね。

今はカクサンデメキンより本物の釣りがしたいです。

さてさて、いよいよアシストフック自作の第一歩、準備をしましょう。

ラインのカット

まずは冒頭の写真のようにラインをカットします。

このとき、必要な長さの2倍の長さでカットします。

カットしたラインは以下のように中芯を抜いておきます。

DSCF0348

ループを作る

ニードル

次に必要となるのはニードルです。

ニードル先端の矢印の部分が、前後に動きます。

この部分でラインを掴むことができます。

ライン2

まずはニードルのつめを後ろに倒した状態で、空洞になっているラインの半分まで通します。

半分に到達したら、ニードルの先端を貫通させます。

貫通させた部分を少しグリグリと広げてやると次の工程が楽です。

ライン3

貫通させたら、ニードルのつめを前に倒して反対側の末端をガッチリ掴みます。

このときリングを通すのを忘れないでください。

(写真では忘れています^^;)

ライン4

掴んだラインが外れないように、ゆっくりループを作りながら、ニードルを抜きます。

焦ると外れたり、ニードルが折れたりします、ゆっくり、ゆっくりとです。

ライン5

できました!

シワになっている部分ができているので、しごいて綺麗にしてやりましょう。

ここまでできたら、ズレている先端を切りそろえておけば、準備完了です。

いよいよ次回で完成です

関連記事です↓
アシストフック自作方法①
アシストフック自作方法③

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。