PEライン同士の結束強度③ 「ダブルラインdeループtoループ」を試してみた!

Pocket
LINEで送る

DSCF0072[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前より疑問をお寄せいただいている、PEライン同士の結束ですが、これまでに「PE同士のFGノット」や「ダブルラインでの電車結び」を試してみました。

どうしても結び目がいくつか出来てしまうのですが、もっとシンプルな「ループtoループ」を使ったほうがいいのでは?という情報をいただきましたので、試してみました。

PE同士の結束の最適なノットは見るかるのでしょうか!?

「ダブルライン」de「ループtoループ」

DSCF0057[1]

まずはダブルラインを作ります、ダブルラインはほぼ100%の強度でダブルラインを作ることができる「ビミニツイスト」を使います。

DSCF0065[1]

PEラインの両方を同じようにダブルラインにし2つのループを作りました。

 

DSCF0066[1]

こちらを「ループtoループ」でつなぎます。

0021

引用元:よつあみ(http://yoz-ami.jp/line_knot/1306)

「ループtoループ」は片方のループに片方のループを通すだけの、簡単なノットです。

ループ同士をつないで、輪を縮めていくのですが、ここで注意点があります。

せっかくダブルラインにしたので、輪を中心に据える必要があります。

片方に偏ったつなぎ方をすると、そこで強度がかわってしまいます。

やわらかいPEラインを均等に締めこむのには少しコツが要りますが、ここで便利な道具をご紹介します。

DSCF0068[1]

竹串です。

DSCF0069[1]

このように適当な場所に竹串を刺して。

DSCF0071[1]

ループの中心に竹串を刺します。

こうして片方にラインが偏らないように、中心どうして締め込んでいくことができます。

強く擦り付けるとPEに傷が入ってしまいますので、あくまでも中心を取るガイドとしてやさしく締め込んだあとに、輪を絞り込むのがベターです。

DSCF0072[1]

均等に繋ぐことができました。

結び目はとても小さく、ガイドにひっかかったりすることはほぼなさそうですね。

こちらを、ドラグチェッカーに挟んで何kgで切れるのかを手で引っ張って計測してみました。

PEラインは2号(20lb・9kg)のものを使っています、実際にラインだけで引っ張ったときに9kg程度の力で切れることが確認できているラインなので、これを100%として計測していきます。

ダブルラインでループtoループ結束の強度はどうなのか!?

3回のテストを行いました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 6.5 72%
2 6.5 72%
3 6.5 72%
平均 6.5 72%

安定して6.5kgで切れました。

Wライン同士で電車結びした時と、ほぼ同じ数値です。簡単であればこちらのほうがいいのかもしれませんね。

DSCF0076[1]

PEは横方向の力に弱いため、必ず「ループtoループ」の部分で切れました。

Wループtoループのほうが強いのでは!?

DSCF0079[1]

せっかくなので、「Wループtoループ」も試してみました。

こちらも同じ実験方法で強度を試してみます。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 6.5 72%
2 6.5 72%
3 6.5 72%
平均 6.5 72%

Wにしたことで強度があがるかな?と少し期待しましたが、こちらも結果は同じでした。

横方向に掛かる力が思ったより分散されていないのかもしれませんね。

これからも、PE同士の結束の最適なノットを探していきたいと思いますので、なにか情報があれば教えてください♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. ブラッドノット片側15回20回25回…という感じで試してみては如何でしょうか?ちなみに私は片側16回でかなり強かったです。チェッカーがないので正確なものはわかりません…
    もしよろしければお願いします!

コメントは閉じられました