フリップシリーズにオフショアで使いやすい「ファストフリップ」が登場!?

Pocket
LINEで送る

02161843_58a57429b0f7f[1]

おはようございます、しょうへいです。

ギアラボから発売されている「フリップシリーズ」はご存知ですか!?

タダ巻きで使える極小タングステンジグ「マイクロフリップ」が既にに発売されていますが、一番重いウエイトでも60gと、オフショアではもう少し重いものが欲しいという状況もありました。

そんな「フリップシリーズ」にオフショアでも使いやすい「ファストフリップ」が新登場しました。

ホントに巻くだけで釣れるのか!?どんなジグになっているのかチェックしてみましょう!!

巻くだけでなんでも釣れちゃう!?フリップシリーズ

new[1]

「フリップシリーズ」で先行発売されていたモデルといえば、「マイクロフリップ」があります。

極小タングステンジグで、ネギを輪切りにしたような特徴ある形をしたジグです。

タダ巻きするだけで泳いでくれるので、ベイトが小さいときに大活躍してくれるジグでした。

また、通常のジグは魚のバイトマーカーとして目玉を用いているものが多いですが、

マイクロフリップはバイトパーカーをフックのチモトにあるビーズとアピールにしてあるので、フックにバイトが集中するという工夫がされているジグでもあります。

img_2

会長がモルジブでGTフィッシングの合間に使ってみたところ、トロピカルな魚が爆釣したという話を聞いて、私も購入してみました。

実際に使ってみましたが、ハタ類やマダイにかなり効果があり、イサキなどのジグで釣るのはなかなか難しい魚までヒットする面白いジグです♪

しかし、マイクロフリップは極小タングステンジグがコンセプト、35gと60gの2サイズしかありませんでした。

水深が深いポイントや、ドテラ流し中の船では少し使いにくいときもあり、もう少し重いサイズが欲しい、と思っていたところでした。

近海から深海まで!?使いやすいサイズの「ファストフリップ」登場

180g_pinkZzebra_01[1]

「ファストフリップ」は「フリップシリーズ」のモンスター仕様。

120g:112mm
150g:120mm
180g:128mm
210g:135mm
250g:142mm

のオフショアで使いやすい5パターンが発売されます。

カラーも5色が展開されています、なかなか個性的なカラーリングですね。

これなら日本海でおなじみのドテラ流しや、伊勢湾名物2枚潮、深海ジギングまで活躍の場が広がりそうですね♪

手軽さはそのまま、基本はタダ巻きが中心です。

非対称のシルエットはフォール姿勢もいいので、ジャークしての使い方もOKと、従来のジグのような使い方もできます。

早巻きでも姿勢が安定するので、電動ジグでも最適!とのことです。

使い方の動画もありますよ!

こちらは「マイクロフリップ」の動画ですが、基本的な使い方は同じなようです。

5分で使い方から推奨タックルやドラグの設定まで解説されているおすすめ動画です♪

ギアラボ ファストフリップ http://www.gear-lab.com/products/detail259.html

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。