シマノのNEWメタルジグ スティンガーバタフライ「スピードスラッシャー」が7月に発売!

Pocket
LINEで送る

 fall

おはようございます。会長です。

シマノから新しいメタルジグ「オシア スティンガーバタフライ スピードスラッシャー」が発売されるようです。

兄弟分の「キングスラッシャー」と「ドラフトスラッシャー」との違いも含めてご紹介したいと思います。

細い削り込みとリアバランス仕様によるフォールが速いメタルジグ

オシア スティンガーバタフライ「スピードスラッシャー」はその名の通り、速いフォールがウリのメタルジグです。

ボディが細く、重心をリアに持っていくことで、速いフォールを実現しています。

水深が深いときや、潮が速い時にフォールの速さは重宝します。また、風が強いの時のドテラ流しもフォールが速ければ、底取りの回数が増えるためにフォールの速さは重要になります。

センターバランスのメタルジグと違い、リア重心の為、アクションは僅かなショートスライドアクションとショートドリフトで、ストレートフォールに素早く復帰する為、フォール時に潮に流され過ぎず、底取り回数を増やす事が出来るそうです。

兄弟分の「キングスラッシャー」と「ドラフトスラッシャー」のアクションとの違い

こちらは兄弟分のオシア スティンガーバタフライ「キングスラッシャー」です。

 

アクションを見てみると、ジャーク時には大きくスライドしていて、フォールは暫く水平フォールでアピールし、スパイラルフォールで沈んでいきます。

こちらも兄弟分のオシア スティンガーバタフライ「ドラフトスラッシャー」です。

 

こちらは真横に長いスライドで、フォールはひらひらと潮にのってフォールしているのがわかります。

フォールにはかなりの時間がかかりそうです。

あらためて「スライドスラッシャー」のアクションを見てみると

全く違った、クイックなアクションです。

ファーストフォールによる早掛けを狙ったり、フォール速度のリアクションで誘ったり、底取りの回数を増やしたりと条件によっては使えるシーンは数多くありそうです。

ウェイトやカラーのラインナップから深場を意識しているのが分かる

まずは、カラーラインナップを見てみましょう。

 

見慣れたカラーですが、注目すべきはキングスラッシャーやドラフトスラッシャーになかった「グローヘッド」と「グローベリー」の2色。

深場を意識しているのがわかります。

次にサイズのラインナップですが

120gからと近海でも使いやすいサイズからのラインナップになっていますが、キングスラッシャーとドラフトスラッシャーは240gまでのラインナップでしたが、スピードスラッシャーは300gまでとワンサイズ大きなサイズが追加されています。

水深200m以上の深場や、潮が速いところで狙う、カンパチジギングを意識されているのが大いにわかります。

300gのグロー系あたりは高水温時の深場のカンパチ狙いやイソンボジギングなど遠征用に購入される方が多くなりそうです。

240gまでのサイズも、キングスラッシャーやドラフトスラッシャーで狙いづらい、潮が速いシーンや厳しいドテラ流しのシーンで使い分けて使うことで、ヒラマサやブリジギングでも新しい攻め方が出来るのではないでしょうか?

使い分けが出来るって楽しいですね♪

発売は2017年7月とのことです。

シマノ オシア スティンガーバタフライ「スピードスラッシャー」
http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/4862

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。