BlueBlueから初のオフショアプラグ「GACHIPEN(ガチペン)200」が発売!どこが違う?

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

明日、石川県の輪島にヒラマサキャスティングに行くので、釣具屋さんに太めのショックリーダーを買いに行ったところ、BuleBuleから発売された、新しいダイビングペンシル「GACHIPEN(ガチペン)200」が入荷されていました。

すぐにバイト!してしまったのですが、一体ほかのメーカのダイビングペンシルとどこがちがうのでしょう。ちょっとご紹介したいと思います。

不規則にS字ダイブするダイビングペンシル「ガチペン200」

BuleBuleから発売された「GACHIPENガチペン2oo」は、オフショアキャスティング用のダイビングペンシルです。

プラスチック系のプラグで、サイズは200mm重量は90gです。

ウッド系のプラグは100g前後のサイズは結構充実しているのですが、プラスチック系のフローティングのダイビングペンシルで100g近いものって選択肢が少ないので、かなり貴重です。

シマノの別注平政220(114g)とヘットディップ175(97g)、Daiwaから3月に発売された、ドラドスライダー190F(95g)ぐらいです。シンキングなら他にもありそうですが、フローティングで思いつくところでそのぐらいです。

上から見るとこんな感じ、頭デッカチでリアにかけて細身に仕上がっています。止めた時にまっすぐ立ちそうですので、軽いジャークでダイブしそうです。

パッケージの裏をみると4つの特徴が書かれています。

まずは、抜群の飛距離。これは後で紹介する動画の中でもお分かりいただけると思います。

そして、つぶらな瞳!

じゃなかった。。。

「開いた口」です。なにげに口が開いてるペンシルって少ないのですが、この口のおかげで泡をまといながらダイブしてくれそうです。

ハートのオメメも特徴的で素敵ですが、魚を誘惑できるかどうかは定かではありませんw

  

最大の特徴は、振ってみると分かるのですが、中にパチンコ玉みたいな物が入っていて、カランコロン♪カランコロン♪いうんです。

遊動式のウェイトで、飛距離にも貢献していそうですが、このガタコトサウンドが魚を魅了する?そうです。

ハートのお目々よりは効果はありそうですが、この遊動ウェイトのお陰で、不規則なS字ダイブが実現されているようです。

ここはかなり魅力的♪ずーっと同じ動きで引いているより、たまにイレギュラーなアクションがあったほうが、スイッチが入りそうな気がします。

 

パッケージに書いてあった推奨フックを付けてみました。カルティバST-66の#3です。なかなかいいバランスです。

まだ試していませんが、ツインフックでも使えそうです。サイズ的には#4/0のシングル2本でしょうか?

最近、トレブルとシングル、ツインと使い分けるようにしているのですが、重量がある大きめのプラグはシングルやツインにしても、アクションに影響が出にくい気がします。

45gなど軽めのプラグは、シングルフックにすると影響が大きいです。※プラグによるのでひとつひとつ試していますが。。。

使った後の感想も、書きたいところですが、残念ながらまだ使用していませんので、明日の輪島で使った後、ここに書き加えておきたいと思います。

動きや使い方はガチペンの紹介動画がありますので、おすすめです♪

最後にカラーのラインナップですが

この9色になります。個人的にはブラックフライヤーがちょっと気になります。

価格は3000円ちょっとでしたので、ウッドプラグの半分の価格で購入できます。動画でもあるように、ヒラマサ、ブリはもちろん、マグロ類やGTにも使えそうですので、重宝しそうです。

発売は5月中旬だったとこのことで、もう店頭にならんでいますので、気になる方は一度探してみてください♪

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。