ソルティガ(ベイト)に待望のスロージギングモデル登場!!

Pocket
LINEで送る

Saltiga_35N-SJ

こんにちは、しょうへいです。

ソルティガ(ベイト)はこれまでも十分スロージギングで使えるポテンシャルを持っていましたが、ついに待望のスロージギング対応モデルが発表されました!

さっそくチェックしましょう!

ソルティガ SJ=SLOW JIGGINGモデル

5月発売のラインナップにソルティガ15H/HL-SJ、35N、35NH、35N-SJが追加されました。

そのうち、SJがついているものはスロージギング対応モデルとなっています、ノーマルモデルとの違いはハンドルとドラグとクラッチです。

スローでの操作性を重視してハンドルは通常モデルよりも長い85mm-95mmのロングハンドルにになりました、ノブもT型になりガッチリ掴むことができます。

85mm-95mmというのは、85mmと95mmの2つの長さに切り替えることができるということです。

スロージギングではドラグとクラッチを操作する機会が頻繁になるため通常モデルよりも大きいサイズのスタードラグとクラッチバーを搭載しています。操作性が格段に向上するでしょう。

ハンドル1回転の巻き取り長さも100cm前後に設定されいるため、スロージギングに最も適しているリールのひとつとなりました。

ソルティガのココが強い!!

SALTIGA-topimage[1]

ソルティガはベイトモデルもスピニングと同様、ATDドラグを搭載しています。長時間のファイトでもドラグ性能が低下しないセッティングが施されているため、ドラグを気にすることなくファイトに集中できます。

もちろんマグシールドボールベアリングが採用されています、塩噛みに強くいつまでも快適な回転が保たれます。

スプールロック機能がついているため、根係りなどでどうしてもスプールをロックさせたいとき、手でスプールを抑える必要がありません。

大口径ハイパーデジギヤが搭載されているため滑らかな巻き心地とパワーを兼ね備えています。

ボディは超々ジュラルミンスプール&高剛性オールマシンカットスーパーメタルハウジングで高剛性、なんどもテストされたそのデザインはとても握りやすくサミングがしやすい設計となっています。

うれしいスプール交換機能

また、ソルティガは堅牢を誇るベイトリールでありながら、スプールが交換できるという利点があります。

例えばではありますが、深海狙いに1.5号を600m、近海に1.2号300m、普通のジギングのために3号300mと、1台のリールで3つの使い方をすることも可能です。シーズンを選ばず活躍してくれることとなるでしょう!

発売は5月とまだ先ですが、これからのスロージギングに最高のリールの1つとなることは間違いないでしょう。

DAIWA http://www.daiwaweb.com/jp/
DAIWA ソルティガ http://www.daiwaweb.com/jp/fishing/item/reel/salt_rl/15_saltiga/index.html

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。