【速報】シマノのジギングロッドに新製品!!オシアジガー(スピニング)は2つの個性で戦略性アップ!?

Pocket
LINEで送る

こんばんは、しょうへいです。

シマノより2016年の新製品が公開されました。

その中でもオシアジガー(スピニング)に注目してみました、二つの異なる特性がラインナップされているようです

いったいどんなロッドに仕上がっているのでしょうか!?

剛と柔、二つの個性で青物を攻略!

新製品のジギングロッド、オシアジガー(スピニング)は「NATURAL JERK」モデルと、「QUICK JERK」モデルの2種類が発表されました、それぞれテーパーアクションとバッドの特性が違うようです。

それぞれ「NATURAL JERK」モデルは低反発系、「QUICK JERK」モデルは高反発系に設定されています。

持ち味の違う二つのアクションを使い分けることで、そのときの状況に合わせた思い通りの攻略が可能となりました。

どちらのモデルもチタンフレームKガイドを採用しており、軽量なCI4+リールシードを搭載しています。

そして存在感のあるカラーカーボンテープの個性が光ります。かっこいいですね♪

NATURAL JERK

「NATURAL JERK」モデルは低弾性カーボンを採用、スローテーパーに設定されています。

スローからミドルスピードのワンピッチジャークと得意とし、滑らかで自然なベイトの動きを表現できるそうです。

プレッシャーが強い激戦区で、スレた青物に威力を発揮しそうです。

魚を掛けてからは、トルクフルな全身の粘り強さで青物をジワジワと浮かせることが可能だそうです。

6.4フィートと若干長めに設計されている点も注目です、フォールを意識した使い方もできそうですね。

QUICK JERK

「QUICK JERK」モデルは反発性と軽さに優れたカーボンを採用し、レギュラーファストテーパーに設定されています。

操作性に優れ、ワンピッチをはじめコンビネーションジャークなど複雑なアクションも得意とするようで、青物の捕食行動を刺激する攻めのジギングができそうです。

ティップは繊細で感度にも優れているようで、アタリを取るジギングができそうですね。

掛けてからはバッドがパワフルで高いリフティング能力を持いるようです。

キビキビとした使い心地なのでしょうか!?今から発売が楽しみな竿ですね。

スペック・価格

「NATURAL JERK」モデル

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
PE(号)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格(円)
S642 1.93 1 193.0 未定 2.4/12.8 60~180 MAX2.5 487※U 95.3 49,500
S643 1.93 1 193.0 未定 2.6/13.0 80~200 MAX3 515※U 98.5 49,800
S644 1.93 1 193.0 未定 3.2/13.3 100~240 MAX4 520※U 95.0 51,000

「QUICK JERK」モデル

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
PE(号)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格(円)
S622 1.88 1 188.0 未定 2.7/12.0 80~160 MAX2.5 472※U 88.4 49,000
S623 1.88 1 188.0 未定 2.3/12.7 90~180 MAX3 472※U 88.3 49,500
S624 1.88 1 188.0 未定 2.6/13.6 100~210 MAX4 482※U 86.4 49,800
S605 1.83 1 183.0 未定 2.8/14.0 120~250 MAX5 487※U 86.7 51,000

どちらも欲しいですね~、悩ましいです。

発売は2016年5月予定です。

シマノ オシアジガー(スピニング)http://fishing.shimano.co.jp/product/rod/4374

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。