簡単干物術を使って、ウケ狙いで「ハマチの干物」を作ってみた♪

Pocket
LINEで送る

DSC_4542

おはようございます、シェフしょうへいです。

私は、一時期干物つくりにハマっていた時期があり、干物王子と呼ばれていました(笑)

今日は、簡単に干物を作る干物術と、ウケ狙いで「ハマチの干物」を作ってみましたので、ご紹介したいと思います。

「ピチットシート」で作る、簡単干物術!

DSC_5954

ピチットシートというアイテムがあります。これは浸透圧の力で脱水することができる特殊なシートです。

DSC_5909

こののようひをシートで包んで、冷蔵庫で一晩寝かせるだけで干物が作れてしまうスグレモノです。

冷蔵庫で冷やしながら脱水するので、魚の身が乾く前に腐敗してしまう、という失敗もありません。

干す場所がないという方や、家が街道沿いで外に干せないという方にもオススメしたいアイテムです♪

このシートがあれば、どんな魚でも一年中好きなときに干物にすることができます。

ウケ狙いで「ハマチで干物」を作ってみた♪

DSC_4542

こちらは40cmほどのハマチです。天日干しでは乾ききらないため、普通は干物にされるような魚ではありません。

ピチットシートの力を使えば、このような大きな魚も干物にできるのではないでしょうか!?

さっそく試してみました♪

DSC_4548

まずはドカンと背開きにしました。このくらいの大きさの魚ですと、切り身で干物にしたほうが現実的ですが、ここはそのまま背開きに挑戦しました。

この大きさの魚を背開きにしたのは初めてです(笑)

この切り身にたっぷり塩を振り、ピチットシートに包んで冷蔵庫で寝かせます。

DSC_4568

毎日シートをとりかえ、1週間ほど脱水しました。

普通の干物ですと一晩で脱水できるのですが、さすがに身が分厚いので1週間ほどかかりました。

切り身からは、魚醤のようななんともいえない芳醇な香りがします。

DSC_4631

一週間経過しました。完璧に干物になっています。科学の力ってすごいですね~~。

実際に「ハマチの干物」を食べてみる

DSC_4580

ハマチの干物の炙りも作って、実際に食べてみました♪

DSC_41594

干物を焼かずにそのままにしたものと、食べ比べてみます♪

恐る恐る食べてみると、少し塩辛いですが、なんとも言えない「芳香と旨味」があります!

あえて言うなれば、日本酒に合う味です!! 食レポは下手?

DSC_4603

炙ってお寿司にしてみたり。

DSC_4612

焼いてお茶漬けにして食べてみました。塩味がとてもちょうど良くなります。

ウケ狙いで作ってみたのに、めちゃくちゃうまいです♪

今回は普通ではない魚(笑)で、チャレンジしましたが、根魚などを干物にしてもとてもおいしいので、皆様干物に挑戦してみてくださいね!

80cm以上のブリやヒラマサでやってみますね(笑)

 

オカモト 業務用ピチット スーパー 18R (18枚ロール) XPT3501

 

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。