リングに3重に掛かるトリプルニットノットを改良!?100%強度も達成!

DSCF0932

おはようございます、しょうへいです。

どんどんリクエストを消化していきます!!

TNノットはご存じでしょうか!?

トリプル・ニットノットというノットで、ジギングでは定番とされているノットです。

リングにラインがトリプルで掛かるのでリングとの擦れに安心感があるのですが、ハーフヒッチの補強がちょっとやりにくい。

ということで、1つ飛ばしても問題ないのでは!?という説についてリクエストを頂いたので検証したいと思います。

Read more

ライトゲームのノットに最適!とウワサの「3.5ノット」はオフショアでも使えるぞ!

wp-1606215950127.jpg

おはようございます、しょうへいです。

実は、ずーっと前から数件のリクエストを持っらているにも関わらず、検証をやっていなかったノットがあります。

その名も「3.5ノット」。アジングなどのライトゲームで使われるノット(PEとリーダーの結束)だそうです。

いろいろ理由があってまだ試していなかったのですが、今回、またまたリクエストを頂きましたので、ちょっと試してみました!

Read more

鯛ラバやSLJ、ライトジギングに!ケイムラ玉や蓄光ビーズのおすすめのサイズと使い方

おはようございます。会長です。

オフショアのジギングや鯛ラバで蓄光ビーズやケイムラ玉って使っていらっしゃいますか?

蓄光ビーズといっても、緑に光るもの以外にも青や赤に光るものや、ハードタイプ、ソフトタイプ、フロートタイプがあり、そして何よりもサイズが非常に豊富で、種類は数十種類にも及びます。

またメーカーもいろいろあり、同じメーカーでも同じ商品を、別の釣りのターゲットに向けてパッケージ違いで販売されていますので種類は数100種類になるかもしれません。

その中から、オフショアのジギングにおすすめのタイプやサイズ、使い方などをご紹介したいと思います。

Read more

200%!?PE直結最強の「マジカルノット」をリーダーでやってみたら凄いことに!

wp-1605347430215.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、PE直結で90%を超える強度がでた「マジカルノット」をご紹介しました。

PEライン直結で最強!?「マジカルノット」の結び方と強度テスト

すると、PEラインではなく普通にショックリーダーでサルカン結びに使っているという方からリクエストを頂きました。

リーダーで結べるの?と思いきやけっこう結べますし、試してみたらとんでもない強度がありました。

Read more

PEライン同士の結束で91%強度の「5回ループtoループ」ループの作り方別強度測定

wp-1604823581694.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、ループtoループでPE同士を結束する時、ループ同士を5回通すことで90%以上の強度でPE同士の接続ができることをご紹介しました。

【PEライン同士の結束】強度70%のループtoループを90%以上で接続する方法を発見!

ただループの作り方といっても、いろいろな方法(ビミニツイスト・チチワ・八の字結び・スパイダーヒッチ)など、いろいろが¥あります。

どの方法でループを作るのが良いのかという質問をいただきましたので、まとめて強度を検証してみました。

また5回を6回にすることで、90%強度→100%強度に近づくのかも実験してみました。

Read more

PEライン直結で最強!?「マジカルノット」の結び方と強度テスト

wp-1605003796239.jpg

おはようございます、しょうへいです。

リクエストを頂きました!

「マジカルノット」というノットがあるそうで、こちらはなんとPEを直結しても強度が出る結び方だそうです。

オフショアジギングで、ショックリーダーを付けずに直結する機会はなかなかないかもしれまんが、強度が出るという噂でしたら試さずにはいられません。

というわけで、実際に結んでみました!!

Read more

【2020年版】アシストフックの長さや大きさ(サイズ)の決め方

おはようございます。会長です。

「アシストフック 長さ」と検索すると、ジギング魂の「アシストフックの長さの決め方」という記事が検索に引っかかります。

実はこれ、5年前(2015年の12月15日)に書かれた記事で、ジギング魂を始めて2日めの記事です。

しょうへいちゃんの最初の記事だったので「アシストフックの長さ」など検索の多そうな興味のある記事を書いていくんだよ。

と教えながら、書いた記事でした。

ジギング魂は、現在1800以上の記事がありますが、検索キーワードの上位に出るものが数多くあります。

中には古いものも多く、結論まで到達していないものやわかりにくいものも沢山あります。

アシストフックの長さの決め方と言っても、シングルフックやツインフック、SLJやスローピッチなどでも決め方は違うと思います。

ということで、新しくアンケートを交えながら、コンテンツを整理していくことにしました。

今回は

  • ヒラマサやブリなど青物狙いのシングルアシストフックのサイズの決め方

ということで、記事を書きますが、順次違う条件も追加していきたいと思います。

アンケートにもご協力いただけたら幸いです♪

Read more

【PEライン同士の結束】強度70%のループtoループを90%以上で接続する方法を発見!

DSCF0071[1]

おはようございます、しょうへいです。

PE同士を接続する際、最も簡単なのがループtoループです。

PE同士を結ぼうという機会はあまりないかもしれませんが、簡単にリーダーを組めるような商品がいくつかあります。

だいたいそういった商品はPEラインをループtoループで接続します。

これってもしかして回数増やしたら強くなるんじゃね?と思ったので試してみました。

Read more

後付も!フラッシャー付きアシストフックの簡単な作り方(付け方)とおすすめティンセル

おはようございます。会長です。

アジやイサキ、サバ、カマス、根魚などサビキでも釣れる魚に非常に効果のあるフラッシャー付きのアシストフック。

フラッシャー(ティンセル)もケイムラ仕様やグロー仕様などもあり、SLJで美味しいお土産を釣るのに非常におすすめのアイテムです。

今日は、そんなフラッシャー(フェザー)付きのアシストフックの簡単な作り方(付け方)や、既存のアシストフックに後付する方法を、おすすめのティンセルと合わせてご紹介したいと思います。

Read more

自作アシストフックも市販の完成フックも「意外なアソコ」に接着剤を着けておくとイイ件

おはようございます。会長です。

ここ最近、アシストフックやキャスティングシングルフックの自作方法を綺麗にまとめていろいろご紹介していますが、一番最後に一つだけ、どれにも記載しなかったことがあります。

アシストフックの作り方の記事は凄く長い記事になりしたので書かなかったのですが、実は最後にある所に瞬間接着剤を着けておくのがオススメなのですが。。。

今回は、その記載しなかった部分をご紹介したいと思います。

Read more

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索