なんと!イモムシノットの135%強度!? 誰でも簡単に結べる「最強のチューブノット」完成!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

昨日、イモムシノットの結び方を少し改良した「イモムシノット改」の実験をしました。

イモムシノットもイモムシノット改も、100%強度が出る素晴らしいノットですが、以前からちょくちょくお伝えしているように「太いラインでは100%強度ではありません」。※75%前後です。

ここでいう太いラインというのは、70lb(20号)以上になるのですが、大物狙いのジギングで使う70,80,90lbあたりや、キハダやヒラマサキャスティングで使う(100,130,150,170lb)、GTやクロマグロなどで使う(200〜300lb)になります。

昨年の末ぐらいになりますが、実験を繰り返し、この太いラインでも簡単に結べて100%強度の出る結び方を、ようやく編み出すことが出来ました♪

今日は、その結び方とイモムシノットとの強度対決の結果などをご紹介したいと思います。

大物ジギングやキャスティングゲームではイモムシノットは使わない

ここ何年か、石垣島、与那国、久米島、宮古島、対馬(玄界灘)、海外GTもバリ、モルディブ、オマーン、フィジー、ニューカレドニアと大物遠征に行くようになり、対象魚も20kgを超えるようになってきました。

ことの始まりは、3年ほど前に、与那国にカンパチ・イソマグロジギングに行っていた時に使っていた80lbリーダーがイモムシノットの部分で魚に切られたことなのですが、帰ってきて何回も強度実験をしてみたところ、100%どころか75%程度しか出ていないことが分かりました。

80lbと言えば約36kgぐらいの強度があるのですが、何回結んで切っても29kg前後と30kg以下で切れてしまうんです。

パロマーノット(ハーフヒッチ補強あり)は意外と強く32kg前後出ましたが、36kg(100%)に到達することはありませんでした。

それから大物ジギングは100lb,キャスティングゲームは(150lb,170lb,200lb)あたりを使うようになり、太すぎて結ぶのが困難なので「スリーブ」で結束していました。

スリーブプライヤーも6種類ぐらい購入し、色々テストして結束強度も40kgを超えるようになったのですが、スリーブって実験してみて分かったのですが、リーダーの直径とスリーブの内径、プライヤーの相性によって強度が変わるようで、バッチリ相性のいい直径や組み合わせにならないと強度が変わってしまうんです。※締め具合はトルク付きで調整しています

常に同じ組み合わせならテストしているので安心できるのですが、リーダーのメーカーが違ったり、少し太さの違うラインを使うと、抜けないか?締め過ぎで切れないか不安のままの釣りになります。

100lbはもちろん、200lbのラインでも超簡単に結べる100%強度ノットが完成!

前置きが長くてすみません。

1月末にニューカレドニアにGT遠征だったのですが、その前にどうにかスリーブ以外で結束100%出せるノットを作りたくて、いろいろ模索していたところ、昨年末になんとか完成させることが出来ました。

すぐに記事を書こうかとも思ったのですが、GT遠征5日間で使ってみてからにしようと思い、今回の遠征はスリーブを家に置いてままにして行きました。※ショックリーダーは200lb

5日間ずっと使っていて、最大23kg、20kg前後のGT6本を含めて、サメやアカマス、バラクーダなど全てこのノットで釣り上げましたが強度的にも全く問題は感じられませんでしたので、結び方と強度テストの結果をご紹介したいと思います。

ジギング魂「最強チューブノット」の結び方

h07

ノットに名前を付けないと、記事が書きづらいので、もう名前は付けました。

結び方が簡単すぎて、恐らくこれ以上、簡単なチューブノットは見つからないと思い「最強チューブノット」としました。

強度を出すポイントはチューブでした。

こちらの柔軟に結べて強度のある強化チューブを使うのですが、チューブはあとで紹介します。

結び方は

 h01

まず、チューブをカットします。8cm程度でいいのですが、長いほうが結びやすいので今回は多めに切っています。

h02

チューブにリーダーを通します。

h03

少しはみ出すのがおすすめです。※実際はほんの少しで大丈夫です

h04

リングの「上」からチューブを入れます。

h05

くるりと回して、もう一度リングの「上」からチューブを入れます。

h06 

リングに二重に掛かりますので、そのあと上に通して矢印の穴に先端を通します。

h07

結びはこれだけです。2回通すと「ジャンスイックSP」になりますが、1回だけです。
※2回通しても結びが大きくなるだけですので1回で。チューブのお陰で1回結びで強度が十分に出ます。

h10  

端糸を抑えたまま、矢印の方向に締め込みます。

h11

締め込みツールがあると、小さなリングに引っ掛けてしっかり締め込めるので便利です。
※締め込む時に勢いよく締めると摩擦熱が発生して強度が少し落ちますので、ゆっくり締め込んでください。

 h13

130lb以上(写真は200lb)の太いラインは、締め込み棒に巻きつけ、ノットサポートワイヤーなどどこかに引っ掛けて強く締め込むのがおすすめです。

端糸は必ずしっかり締め込んでからカットしてください。締め込む前にカットすると締め込む時に短くなりますので抜けます。

締め込まれてからは滑って短くなる(抜ける)ことはありません。
※強度テストで100回以上切っていますが一度も抜けたことはありません。

ハーフヒッチの補強は必要ありませんので、かなり素早く結ぶことが出来ます♪

コレ以上に簡単なチューブノットは、結びが一回の「丸結び」しか無いので、一度試してみましたが流石に簡単に抜けましたw

対イモムシノット135%強度を達成!最強チューブノットの強度テスト

ショックリーダーの片方を「最強チューブノット」、もう片方を「イモムシノット」で結束し、強度対決(強度テスト)をしてみました。

70lb,80lb,90lbの3つのラインでテストしました。

回数 ライン イモムシノット 最強チューブノット 相対強度
70lb
約32kg
約20kgで破断 32kgで破断せず 160%
70lb
約32kg
約22kgで破断 32kgで破断せず 145%
80lb
約36kg
約29kgで破断 約36kgで破断 124%
80lb
約36kg
約28kgで破断 約36kgで破断 128%
90lb
約40kg
約32kgで破断 約40kgで破断 125%
90lb
約40kg
約31kgで破断 約38kgで中間破断 122%

6戦全勝!圧倒的な強度差でした。

最強チューブノットはほぼ100%強度に落ち着いています。※90lbで40kgのダンベルが持ち上がっているところ。かなり強いです。

最後、90lb(約40kg)のラインが38kgで切れましたが、両方結んだ「最強チューブノット」の結束部分は残り、中間で破断しましたので、実際は40kgぐらいで結束部で切れるのでは無いかと思います。

ちなみに、チューブを使わないでジャンスイックSP(漁師結び)で結束した場合もテストしましたが

ライン ジャンスイックSP
(漁師結び)
最強チューブノット 相対強度
70lb
約32kg
約27kgで破断 32kgで破断せず 118%

になりましたので、チューブで結束部が強化されているのは間違いないようです。

ちなみに「ザイロンノット」の中芯を抜いて、チューブ代わりにしても結束は可能でしたが、なぜか強度はチューブのほうが高かったです。
※ジャンスイックSP程度の強度で内部で切れますので、強化にはなっていない感じです。

強度を出すポイントはチューブ

このノットが成立するのは、この柔軟で強度のある強化チューブのお陰なのですが、普通のビニールやナイロンのチューブでは強度が出ませんでした。

また、普通のチューブや、チューブ無しで結んでいただくとお分かり頂けますが、端糸を押したり、本線を押すと、太いラインの場合「結び目」が解けてしまいます。

このチューブは、非常にグリップ力の高いチューブですので、一旦締め込むと、解く方向に力を掛けても解けません。

超柔軟・強化チューブの販売も開始

チューブは大物師がよく針結びなどに使われている「下田漁具」さんの強化チューブなのですが、なかなか置いてあるお店も少ないので、大量に仕入れてみました。

初めての方に、お試しいただけるように、半分の長さで半額に、収納しやすいようにチャック袋に入れ直しました。

また、ノットが気に入って大量に使われる方のために、購入数に応じて安くなる「セット割」も作ってみました。

太いラインでも超簡単に素早く結べますので、とにかく大型ヒラマサ・キハダ等のマグロ類・GTなどのキャスティングゲームに非常におすすめのノットです。

スイベルやスプリットリングなど「金属パーツの角」との接触による損傷も防ぐことが出来ますので、ジギング魂「最強チューブノット」是非一度お試しください♪

チューブは↓からご注文頂けます♪よろしくお願いいたします!

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索