中層を狙うジギングではとっても大事!糸ふけによるラインの増加量を把握せよ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先日、ドテラ流しなどでラインが斜めになっている時に、どのくらい多くのラインが出ているのか?「簡単に計算する方法」や「水深と角度別に分かる便利な一覧表」を作りました。

ジギングでラインが斜めになる時、どの位長くラインが出る?簡単計算法 & 便利な一覧表

実際は、潮の流れもあり糸ふけが出るので、真っ直ぐに斜めになることは少ないのですが、糸ふけ(ラインスラッグ)って一体どのくらい出るもんなんでしょうか?

キハダマグロやビンチョウマグロ、タチウオなど、中層を狙うジギングには非常に重要なことです、今回は糸ふけに関する実験をしてみましたので、共有したいと思います。

中層を狙うジギングではなぜ大事なの?

ラインの角度や、糸ふけは、中層を狙うジギングにはとても大事なことです。

このように船が流されラインが斜めになると、指示タナ(魚がいる水深)が100mだった場合、ラインを多めに出さないと、その水深に到達しません。

水深(a)/角度(θ) 15° 30° 45° 60°
10m 10m 12m 14m 20m
20m 21m 23m 28m 40m
30m 31m 35m 42m 60m
40m 41m 46m 57m 80m
50m 52m 58m 71m 100m
60m 62m 69m 85m 120m
70m 72m 81m 99m 140m
80m 83m 92m 113m 160m
90m 93m 104m 127m 180m
100m 104m 115m 141m 200m
150m 155m 173m 212m 300m
200m 207m 231m 283m 400m
250m 259m 289m 354m 500m
300m 311m 346m 424m 600m
350m 362m 404m 495m 700m
400m 414m 462m 566m 800m
500m 518m 577m 707m 1000m
600m 621m 693m 849m 1200m
増加分 約3~4%増 約15%増 約40%増 2倍

先日の計算した表を見てみますと、100m場合でラインの角度が30°だった場合、115mぐらいラインを出さないとジグは100mに到達しません。

風で船が流されるのが速く、ラインの角度が45°もついた場合ですと、141mになります。

PEラインのカラーをみて100m落としてるつもりでも、実際は60m〜70m付近にメタルジグがあり、魚がいる水深と大きく離れています。

30m〜40mも違うと「ビル10階建て」に相当します。

そのぐらい魚から離れたところからジグをシャクっても、全く釣れませんので、ドテラ流しでラインが斜めになる場合、ラインを多めに出す必要があります。

これは、潮の流れによる「糸ふけ」も同じことで、糸ふけの分も多く出さないと、水深に到達しないことになります。

ただ?糸ふけによるラインの長さの増加分ってなかなか計算しづらいです。

パソコンの「Illustrator」というソフトを使うと、書いた線の長さが数字で分かりますので、糸ふけがある状態をイメージした線を書いて、長さを測ってみました。

まずは、潮の流れがほとんど無い状態で、風にだけ船が流され30°ついた状態の長さを測ってみました。

先日の簡単計算法では「30°は約15%UP」でしたが、サイズを測ってみると、ほぼ計算通りの116mになりました。

では、右隣の曲線のように潮が流れていて、糸ふけが出てる場合は、どの位の長さなのでしょう?

線の長さを測ってみたところ、121mという数字になりました。水面とジグを結んだ直線は同じ30°です。116mと比べると4〜5%ぐらい多めに必要だということが分かります。
※逆にラインが膨らんでいる場合も、計算結果は同じになります。

もっと大きく膨らむんじゃないか?とも思いますが、潮の速さにもよりますし、ラインテンション掛けるか掛けないかで大きくことなります。

図のイメージの場合 5%ほど多めに必要だと覚えておくといいかもしれません。

次に、更に右隣の線のように、船をスパンカーを使って船を立てていた場合はどうなんでしょう?

長さを測ってみると104mでしたので、直線の100mに比べると同じように4%ぐらい必要ということになります。

例えば、水深250mで図のイメージなら船を立てていてまっすぐ下に落ちているように見えても10m(4%)多めに出さないと、指示棚に到達しないということになります。

次の右隣の線は2枚潮をイメージしてみました。

 

120mと20%になりましたが、実際にはただの変化球だったり、潮が一部の層だけ動いていたり、止まっていたりと、こんなに真逆に大きく変わることが無いかもしれませんので、ちょっと大げさ(数値は最大)かもしれません。

ただ、指示タナより上で上げてしまうよりも、下まで落としてシャクった方が釣果には繋がります。

三重県などで釣れているビンチョウジギングや、石垣島などのパヤオで狙うキハダマグロ、タチウオなど、中層を狙う釣りでは、とにかく魚がいる層(指示タナ)までジグを落とさないことには、釣れる確率はぐっと減りまする。

今回の実験や、先日作った表(簡単計算法)が、皆様の釣果の何かお役にたてば幸いです♪

こんなイメージのラインスラッグの長さ測って欲しいなどありましたら、図を写真にとってFacebookのメッセージなどで送ってください♪

第2段でまとめてご紹介したいと思います♪

どんな釣りの場合の条件なのかも教えて頂けたら幸いです。

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索