リールのドラグ力は「ラインが出れば出るほど強くなる」を検証してみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCF1537[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前、ドラグの設定値はどのように決めるのが良いかという記事を書きました。

その時に「ドラグの値はラインが出れば出るほど強くなる」というコメントを、実験結果付きで頂きました。

ありがとうございます♪

今日は、その実験結果のご紹介と、自分でも一度検証してみましたので、合わせて紹介したいと思います。

なぜこのようになるのかという原理も解説いたします♪

北海道小樽在住のOさんから頂いたドラグ実験のデータ

まずは、北海道の小樽にお住いのOさんから頂いた、実験データからご紹介したいと思います。

シマノのツインパワーSWの8000番に、ドラグチェッカーをつけて、ラインを50mずつ出していき、ドラグの値がどう変化するか実験したそうです。貴重なデータをありがとうございます♪

出したラインの長さ ドラグ値
0m 4.0kgに設定
50m 4.25kg
100m 4.75kg
150m 5.okg
200m 5.7kg
250m 6.6kg

想像以上に強くなっていますね。100m出るだけでも約20%近く強くなっています。

ラインを巻き直しがあったので自分でも実験してみた!

DSCF1540[1]

ちょうどラインの入れ替えのタイミングだったので、ラインを入れ替えつつ自分でも実験してみました。

まずは、リールのスプールについてる古いラインを取り除き、高速リサイクラー2.0で巻きなおしながらドラグを計測したいと思います。

ちなみにですが、第一精工の高速リサイクラー2.0は巻きとりも高速で、さらにテンションをかけながらリールに巻き返しができるグッズです。

家でのラインメンテナンスにとても便利なのでオススメです♪

DSCF1544[1]

リールはDaiwaのキャタリナ4500Hを使います。頂いたデータの「シマノのツインパワー8000番クラス」と同サイズです。ラインは8本撚りの3号を300m用意しました。
(指が汚いのはラインをいろいろ触ったので染料が移ったからですw)

下巻きはナイロンの糸をスプールの下地が隠れるくらい巻いています。

DSCF1549[1]

0mから初めて、20mごとにラインテンションをドラグチェッカーで測ります。

竿先から出たラインではなく、リールからすぐ出たところで計測します。

まずは0mでドラグ6kgからスタートして、20m単位で計測しました。

ライン残り(m) ドラグ値(kg)
0 6
20 6
40 5.75
60 5.75
80 5.5
100 5.25
120 5
140 4.75
160 4.75
180 4.5
200 4.5
220 4
240 3.5
260 3.25
280 3.25
300 3

なんと300mで3kgものドラグの変化がありました。驚きの2倍です!びっくりですね。

ならだかな反比例になっているわけではありませんが、ラインローラーとチェッカーまでの距離の誤差、またドラグチェッカーの針がアナログで目視計測していること、手で引っ張っていることによる力のブレなどの誤差のせいかと思います。

それを差し引いても、おおよそ100mにつき1kg程度ドラグが強くなっていくようです。

結構な数値ですね!

注意点ですが、どんな状況でも必ず100m出れば1kgドラグが強くなるかといえば、それはリールの番手やラインの太さによって数値はまちまちになると思われます。

ここではラインの残りが減れば減るほど、ドラグが強くなっていくいうことのみを参考にしてください。

どうしてこうなるの!?

DSCF1553[1]

このような現象は、リールメーカーの設計の差やドラグの性能によるものではありません。

どんなリールでも普遍的に起きる現象です。それは物理法則によってこうなってしまうからです。

なぜこのようなことになるのか、物理に詳しいエンジニアの友人に聞いてみました。

DPZAvosVQAArySd

(引用元:Wikipedia トルク https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%AF)

リールのスプールは糸が巻かれたり、糸が出るたびに直径がかわります。

糸が出れば出るほど、糸が巻かれている直径が小さくなってきます。

ドラグが出る=スプールを回転させる力が働いていると考えると、

N(スプールを回転させようとする力)=r(シャフトからライン表面までの半径)×F(ラインを引っ張る力)

という関係が成り立ちます。

スプールの直径が小さくなればなるほど、スプールを回転させるためには多くの力が必要ということになります。

ということは、スピニングではなくベイトリールでも、スプールの直径が小さくなればなるほどドラグが強くなっていくということになりますね。

私は物理はサッパリ(笑)ですが、なんとなくわかりました。

やはり、ドラグの設定をする時は、ラインの耐力の1/3ぐらいに設定しておくのがいいかもしれませんね♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索