これは覚えておきたい! リーダーの中間にエダスを簡単に作れるノットが超便利!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

おはようございます。会長です。

一昨日のことになりますが、Youtubeで「貴方におすすめの動画」で、外国の方のノットの動画が出てきました。

ちょっと気になったので、動画を見てみたところ、便利そうなノットでした。

早速真似して結んで見たところ、30秒ぐらいで簡単に結べちゃえて、覚えておくとかなり便利に使えそうノットですので、今日は結び方などを共有したいと思います♪

なんて名前か分かりませんが、覚えておきたい超便利ノット

こちらがそのおすすめされた動画のサムネイルです。

英語はチンプンカンプンですが、「more SIMPLE & STRONG」シンプル & ストロングだけは読めるので、ちょっと触手が動きました。

結び方は最後の方にしておくとして、試しに結んで見たところ、30秒ぐらいで結べてしまいました。

 

リーダーの途中の好きな場所に、サルカンを簡単に結べてしまいます。

これはエダスに使えるのでは?

と思い、

丁度、その晩にイカメタルに行く予定だったので、浮きスッテを付けてみると

おお〜なんだか良さげな感じ。

いつも持っていくイカメタルの仕掛けが少なくなっていたので、予備を買いに行こうかと思いましたが、このノットがあれば、サワラなどに切られても、現地で作れそうなので、買わずに行ってみました。

とりあえず、覚えたてのノットで作った仕掛けから試してみます。

結構いい感じで、ぶら下がってますね。結んだ後の輪っかの大きさは調整できるようなので、短くも長くも出来るようです。

ショートハリスのエダスを作るのは大変ですが、このノットは、かなり短く作ることが出来るので、結構便利です。

輪っかに引っかかったり、絡んだりしないかな?と思っていましたが、4時間ぐらい釣りをしていて、一回も絡むことはありませんでした。

 

この仕掛で初ケンサキもゲット♪

釣り上げて思ったのですが、

 

いつも、このようにPEにリーダー結んで、その先にイカメタルの仕掛けを付けていたのですが、

直接、結んだリーダーに仕掛けを作れるので、好きなところまで巻き上げることが出来ます。

イカを上げる時に、好きな高さに持ってこれるのが結構便利です。

今回はリーダーを5mほど結んでおいて、現地でさっと仕掛けを作ったのですが、サワラにルアーを切られても、あまったリーダーにまた結びを作って、仕掛けを作ることが出来ました。

 

中オモリ式のエギの仕掛けも

 

三叉サルカンなしで簡単に作れますし、これ覚えておくと結構便利です。

 

ちなみに中オモリの代わりに、鉛スッテを付けてやってみましたが、こちらも絡むことはありませんでした。

最初のイカも、この中オモリ代わりの鉛スッテにヒットしてました。

イカメタルではかなり活躍しそうなノットですが、この結び方、サビキのエダスを作る時に使う結びのようで、ジギングサビキも簡単に作れそうです。

ジギングサビキは次回作ってみたいと思います。

結び方はこちらの動画をみると簡単に出来るようになります。

50秒あたりから飛ばしてみるとちょうど結ぶところから始まります。

捻る部分を結構な回数やってますが、イカメタルやライトな釣りなら、4回ぐらい結べば問題なさそうです。

そもそも、一本のラインで作るノットですので、抜けたりする心配は全くありません。

サルカンを使わずに結ぶことも出来て、その方法を使うことで、ジギングサビキ作れそうなので、次回ご紹介したいと思います♪

とにかく簡単で、覚えておいて損はないノットですので、是非試してみてください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索