どうやって使うの?タナジグ「あいや〜タコカーリー」の使い方・実釣レビュー

おはようございます。会長です。

もう発売してからしばらく立ちますので、もう釣具店などでご覧になった方も多いと思いますが

あいや〜ジグなどでおなじみの「タナジグ」から、「あいや〜タコカーリー」というアイテムが発売されました。

パッケージをみただけでは、ちょっとどうやって使うのか分からないと思いますので、今日は使い方とちょっと前に実釣で使ってみましたので、使用感や釣果などをレビューしたいと思います。

Read more

新FGノット2020の問題点とお詫び&解決策

おはようございます。会長です。

昨年(2020年)の夏ごろに、FGノットとレリックスノットを合わせた、FGノットの組み方をご紹介しました。

「新FGノット2020」と名前を付けたのですが、2020とした理由は2021年にも2022年もこのノットはまだ進化したり改良の余地があるのではないかと思ったからです。

ひとつお詫びをしないといけないことがあるのですが、FGノット2020は「釣りの種類によっては実釣で問題」が一つありました。

結ばれた方にもいろいろメッセージを頂き、その点は早々に気づいてはいて改良はしてのですが、昨年からコロナ禍の影響や週末の悪天候続きで、遠征はキャンセル続き、また地元の釣りもほとんど出船することが全く出来ませんでした。

自分自身、FGノット2020に、改良を加えて使っていたのでその問題は解決していたのですが、天候やコロナの悪化のタイミングが悪く十分な実釣で実験することが出来ていませんでしたので、なかなか記事にすることが出来ませんでした。

問題があるとだけ記事にすれば良かったのですが、解決策を十分な実釣で試してからと思っておりましたら、あっという間に月日がたってしまいました。大変申し訳ありません。


FGノット2020の問題点

FGノット2020は、FGノット同様、編み込みをした後、「リーダーだけ」→「本線とリーダーをまとめて」と交互にグルグルと巻き付けを10回程度行います。

この交互グルグルの部分がキャスティングゲームだと緩んでくることがあるというメッセージを数回いただきました。

この「交互ぐるぐる巻」をする理由は、編み込み直後にハーフヒッチを入れたくないという理由で、レリックスノットの交互グルグル巻きをしているのですが、これ自体にはあまり摩擦力はありませんので、ハーフヒッチの仮止めが支点にならず、焼きコブが支点になり、ノットが均一に綺麗にしまりました。

ただ、ある一定の力を超えると焼きコブを崩壊させるか、焼きコブをぐるぐる巻きが超えてしまうことが分かり、PE2号など切れる12kg前後の力では問題ないのですが、ドラグチェッカー15kgでは測れない力がかかる釣りですと、この焼きコブ周辺に過度な力が掛かっているようでした。

FGノット2020の問題点の解決策

話が非常に長くなってしまいますので、まず、先に解決策からご紹介して、後からその理由をご紹介したいと思います。

ちゃんとした結び方は、今度改めてコンテンツにしたいと思っておりますが、今回は概要だけザザっとご紹介したいと思います。

編み込みを10回前後(ラインが細い場合は増やす)→交互グルグル巻き5セット(10回)前後をするまではFGノット2020の結び方と同じです。※交互グルグル巻きは増やしてもあまり意味がありませんので5セット(10回)でOKです。

ここからが、少し異なります。

この時点で一回ハーフヒッチを行い、十分に濡らして、図のように締め込みをします。
※締め込みをする前に、編み込み部と交互グルグルの部分はしっかりとつめておきます。

締め込み後、焼きコブを作り、間をハーフヒッチで3回ほどでつめ、本線にハーフヒッチの編み込みをして最後エンドノットで終了です。

変わった部分は、

  • 一旦締め込みをすること
  • 焼きコブとの間を交互ぐるぐる巻きではなくハーフヒッチで詰めること

になります。

通常のFGノットとの違いは編み込み後が全てハーフヒッチか、間に交互グルグルがあるかなのですが、交互グルグルする理由は、編み込み直後にハーフヒッチを入れない為です。

これで、対馬や輪島のヒラマサキャスティングで丸4日間投げ、ブリやヒラマサを掛かり、終わったら引きちぎろうと強い力を掛けていろいろテストしましたが問題ありませんでした。

うまく編み込み部分が均等に締め込まれつつ、焼きコブ+ハーフヒッチ4回分が強い支点になるので、ノットが崩壊したり、キャスティングで緩んでくるということはありませんでした。

編み込み直後にハーフヒッチを入れない(間に交互グルグルを入れる)理由は、編み込み直後にハーフヒッチを入れるとハーフヒッチ直前の編み込み部分が1回2回うまく締め込まれないからです。

先日の記事の通り、編み込み直前にもう一回、本線に巻きつけることで均一に締め込まれやすくなるのですが、ハーフヒッチ直前が交互グルグルになっていることで、この本線に1回だけ巻きつけるということもしつつ、少しハーフヒッチ仮止めと編み込みの間に締まってなくても大丈夫な部分(交互グルグル巻き)ができる為、編み込み部分は全部しっかりと締め込まれます。

文章にすると非常にややこしいですが、

  • 編み込み直後にハーフヒッチ仮止めをして締め込んだ場合

  • 編み込み直後に交互グルグル巻きを10回(5セット)入れてハーフヒッチ仮止め→締め込んだ場合

で、編み込み部分の締め込まれ具合の違いを見ていただくと分かりやすいと思います。

長々と記事に出来ず、本当に申し訳ありません。

私自身も、もう少しヒラマサやキハダ、GTなどキャスティングゲームでも使ってみて、改めてしっかりと「結び方のページ」を作りたいと思います。

強度テストや他に早く強くコンパクトにできる方法をいろいろ試してみて、FGノット2021になるか2022になるかは分かりませんが、いろいろ実験検証していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

FGノットの編み込み回数は「10.5セット」がおすすめ!?0.5回で強度に差がでる!

wp-1618830712022.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、釣り仲間が「どうしてもFGノットが思ったより強度が出ない」という話をしていました。

隣で並んで同時にFGノットを組みながら「1回、2回、…」と編み込んでいると「あること」に気づきました。

FGノットの「編み込みの開始と終了」が私と違ったのです。

Read more

高価なのに低価格で作れる!?最強デビルラインアシストフックの作り方(新2021版)

おはようございます。会長です。

デビルラインって使われていますか?

金属とのハイブリッドアシストラインで、サワラやタチウオ、イソマグロなど歯の鋭い魚を狙う場合に歯切れ対策用に使われる、特殊なアシストラインなのですが

結構高価なんですよね。

素材や作りからして仕方がないことなのですが、その高価なデビルラインを最小限に抑えてアシストフックを低価格で作れる新しい方法を思いつきましたので、その方法をご紹介したいと思います。

Read more

UVレジンでノット補強時に熱が出るって本当!?ダメージがないのか検証してみた!

wp-1617012297142.jpg

おはようございます、しょうへいです。

前回、UVレジンを使ったノットなどの補強の強度テストを行いました。

Facebookのコメントやメッセージ等でいろいろご質問を頂きましたので、それについて実験してみたいと思います。

UVレジンは固まるときに発熱するらしいが、ラインにダメージはないか?と、FGノットなど焼きコブの代わりに固めて使えるか?の2つの実験をしてみました。

Read more

ジャンプライズ「ズルイんデスUV」がどの位ノットの強度が上がるのか?試してみた!

wp-1616579860780.jpg

おはようございます、しょうへいです。

去年(2020年)末くらいに発売したジャンプライズの「ズルイんデス UV!!」。

釣りのライン専用の接着硬化剤で、液体プラスチックにUVライトを当てることで結束部を固めることができるというアイテム。

これまでに、手芸用などのUVレジンを転用してきたことはありますが、専用品は何が違うのか!?どのくらい強度がアップしているのか!?

実際に購入して試してみました♪

Read more

フックの向きが同じ向きになりにくい!アシストフックのリングの結び方

おはようございます。会長です。

アシストフックを自作する時に、セキ糸を使わずに結びだけで作ることがあるのですが、ツインフックの2つのフックの向きをそれぞれ内側に向けて作ったのに、気づいたら同じ方向になってしまったりしてしまうことがあります。

対策として、リングの根元を結ばず、セキ糸で根巻きしたりしていたのですが、せっかく結びだけで作るなら、できるだけセキ糸は使わず結びだけで時間を掛けずに作りたいものです。

最近、結びでアシストフックをつくる時に、比較的フックの向きが変わりにくいリングの結び方が発覚しましたので、ちょっとご紹介したいと思います。

Read more

PE素材のアシストラインって歯ズレや根ズレに弱いの?気になったので強度を調べてみた!

wp-1614857317772.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日、SLJとライトジギング用のアシストフックを作っている時に、ふと使っているPEアシストラインの耐摩耗性ってどうなんだろ?と気になりました。

ザイロンやシーハンターは過去に試しましたが、PE素材のアシストって結構弱いものなんでしょうか?

実際に摩擦を与えてみてどのくらいスレに対する強度が違うのか確かめてみました。

アシストラインを選ぶときの基準は耐摩耗性能だけではありませんが、今回は摩耗に限定して実験してみます。

Read more

簡単で抜けない!タイラバ3本針アシストフックの結び方(自作方法)と強度テスト

おはようございます。会長です。

早くも今年も3月に突入しました。

そろそろタイラバの仕掛けでも〜と思い仕掛けを作り始めたのですが。。。

そういえば、「3本針のシステム(アシストフック)の強度」って測ったことないな〜

PEアシストラインで結んでいますが、3本目のラインが滑って抜けないのか?

フッ素などスベスベコーティングしてあるフックを使っていますが、PEアシストラインで針結びして、滑って抜けないのか?

とりあえず、確認の為に強度テストしてみることにしました。

今日は、その強度テストの結果と、タイラバ用の3本針アシストフックの結び方をご紹介したいと思います。

Read more

10秒ノットって本当に10秒で結べる?強度を30%アップした「12秒ノット」も完成!

wp-1613383414823.jpg

おはようございます、しょうへいです。

実は、前々からリクエストを何件頂いていたのですが、まだ試していなかったノットがあります。

その名も「10秒ノット」という名前だそうです。

本当に10秒で結べるの?強度はどのくらい?と気になりますよね。

というわけで実際に結んでみて強度を測ってみました。

Read more

ジギング関連グッズや
オリジナルグッズが沢山!
ストアに移動
記事検索