中芯入りアシストフック作りに超便利!エステルライン入り「アルゴンアシスト」

wp-1514197215573..jpg

おはようございます、しょうへいです。

冬と言えば・・・・・・アシストフック作りですね(笑)

私は冬の荒れて出れない日などに、一年分のアシストフックを作り貯めしておきます。

アシストフックといえば、いろんなコダワリの作り方があるかと思いますが、いろいと試して便利そうなものをまとめてみました。

Read more

皆さん何をどう使ってる!? PEラインの「コーティング剤」に関するアンケート

おはようございます。会長です。

今日は、久しぶりのアンケート企画です。

アンケート企画は個人的にも好きですし、意外と好評の企画なんですが、お陰様でジギング魂のアクセス数が増えた為に、サーバーの負荷をキャッシュサーバーに分散した副作用で、アンケートのプログラムが正常に動かないという問題が出て、しばらくアンケート企画は行なっていませんでした。

今、プログラムを改良中なのですが、今回試しに通常のサーバーのスペックを上げて見たのと、土日は皆さん釣りに行かれているからか、アクセスは少なめで、比較的なだらかにアクセスされるので、テストも含めて、気になる件をアンケートしてみたいと思います。

Read more

細糸の場合「PRノット」の巻き付けの回数は増やした方がいいのか?

wp-1513677182269..jpg

おはようございます、しょうへいです。

先日から細糸でのノットのテストを始めました。先日はFGノットの編み込み回数を調べてみましたが、以前のアンケートではFGノットに続いて、PRノット(ボビンノット)も同じように人気の高いノットです。PRノットを使われている方も、細いラインでの巻き付け回数が知りたいところですよね!?

私はキャストする釣りでなければ、PRノットをよく使います。

PE2号のときの実験では結束強度100%が発揮できたので、余裕のない細糸では強いノットのほうが良いかなと思って使っています。

いつもは何も考えずに長~~~く結ぶのですが、細いラインでは、どのくらいの長さから強度が出るのでしょうか、検証してみました。

Read more

FGノット等、ノットの「編みこみ回数」はラインの太さによって変えるべきか? – 太糸編 –

おはようございます。会長です。

昨日、しょうへい氏が細いライン(0.8号)でFGノットをする場合に、何回編み込みをすれば強度が出るのか調査しました。

今までにも、FGノットの編み込み回数については検証を行ったことがありますが、PE2号のラインを使っての検証でした。

0.8号と2号ではラインの太さに差にかなり差がありますので、編み込みの面積の差で摩擦力に違いが出る為、細いラインは編み込み回数を多くしないといけないのでは?

ということです。

今回は、PE4号(太糸)で実験してみたいと思います。※2号以下を(細糸)、6号以上を(極太糸)と定義します。

Read more

FGノット等、ノットの「編みこみ回数」はラインの太さによって変えるべきか? – 細糸編 –

wp-1513488662546..jpg

おはようございます、しょうへいです。

最近、細糸のノット検証を行っておりますが、細糸といえば一つ気になることがあります。

0.8号など細いラインどでFGノット等のラインシステムを組む場合、編みこみ回数は、PE2号〜PE4号、PE5号からPE8号などの太糸と同じ回数でいいのでしょうか!?

ラインが細いので、その分摩擦が少ないように感じます、また細糸で作ったFGノットはノットがすごく小さいので、大丈夫!?という気持ちになるからです。

何回から安心できるのか、実証してみました。

Read more

【細糸編】クリンチノット→ダブルクリンチノット 2重だとどの位強度が上がる?

wp-1513332995506..jpg

おはようございます、しょへいです。

細糸でのノット検証をスタートさせました、そのことで一つ気になることがあります。

ノットの中には、サルカン部分にシングルで掛かるものと、ダブルで掛かるものがあります。

細糸は当然、糸の断面は小さいですし、ライトタックルでの釣りは金属パーツの線も細くなります。

できるだけ二重で掛かるダブル掛けのノットを使いたいのですが、ダブル掛けにするとどのくらい強度が上がっているのでしょうか?

実際に実験してみました。

Read more

【検証スタート】ノットの強度はラインの太さで変わるのか!? イモムシノット細糸編

wp-1513152057044..jpg

おはようございます、しょうへいです。

昨日、会長の記事で、もしかしてノットの強度はラインの太さで変わるのではないか、という疑問についてお話しました。

いつもは、ドラグチェッカーの測定できる範囲が15kgまでと限定的なので、30lb程度のラインでテストしていましたが、会長は30lb以上の太いラインが気になると言っていましたが、逆に30lb以下の細いラインでも強度って変わるのでしょうか?

細糸ほど余裕がないのでノットの強度は気になるところです。検証してみました。

Read more

2,000円程度で作れる! 50kgまで強度測定できる「ノット強度測定器」

おはようございます。会長です。

ジギング魂では、よくノットの強度テストを行っていますが、2つほど問題があります。

一つ目は、ドラグチェッカーを使って強度測定をしているのですが、このドラグチェッカーが15kgまでしか測定できないこと。

二つ目は、このドラグチェッカーは自分が購入したものなのですが、しょうへい氏に貸してしまっていること。

この2つの問題を解決する為、新たな「ノット強度測定器」を作ってみました。

Read more

強度アップする? リーダー同士の結束(先糸)にも「ワセリン」が有効か実験してみた

DSCF1669[1]

おはようございます、しょうへいです。

以前、サルカン結びにワセリンを塗って締めこむと強くなるのか?という検証をしました。

【衝撃結果】サルカン結びに「ワセリン」を塗ると強度がアップする説を検証してみた

結果は、10%近く耐力がアップしたのですが、タチウオやサワラジギングなどで使う、ショックリーダー同士の結束(先糸)の結びにも有効なのでしょうか!?

ふと気になったので、ちょっと試してみました。

Read more

FGノットの強度は「締め込み方で変わるのか?」実験してみた!

DSCF1571[1]

おはようございます、しょうへいです。

リクエストを頂きました、「FGノットの締め込み方が何パターンか紹介されているが、強度は同じなのか」とのことです。

FGノットといえば締め込みが命です。

細かいことかもしれませんが、安心して釣りをしたいのでやっぱり気になるところですね。

何パターンか調べて実際に対決させてみました。

Read more