【永久保存版】ヒラマサ攻略(釣り方)のバイブル!? 平松慶のヒラマサワールド

Pocket
LINEで送る

う〜ん。最近ヒラマサを釣ってないので、ヒラマサ釣りたくなってきました。

おはようございます。会長です。

6/15なので、もう2ヶ月ぐらい前になりますか、SALTWORLDでおなじみのエイ出版社から、ヒラマサの攻略に徹した書籍「平松慶のヒラマサワールド」が発売されています。

先日、購入しまして内容を読んだところ、ヒラマサに特化した濃い内容で、ヒラマサ狙い、特にジギングでヒラマサを狙う方にはピッタリのバイブルですので、ちょっとご紹介したいと思います。

「平松慶のヒラマサワールド」とは?

平松慶のヒラマサワールドとは、オフショアの書籍として人気の「SALT WORLD」で、平松慶さんが連載の記事で、最新号のSALT WORLDではvol.70とありますので、約12年間(年間6冊発売)続いている長期の連載記事です。

2006年の1月15日に連載がスタートしたそうで、現在まで1号も休むこと無く続けられているそうです。

ヒラマサワールドは、基本的にはヒラマサ縛りの内容の記事で、ヒラマサを狙う方、とくにジギングでヒラマサを狙う方にはオススメの記事です。

今回の書籍「平松慶のヒラマサワールド」は、SALT WORLDで連載の記事をリライトし「ヒラマサ攻略の術」がうまくまとめられている一冊になります。

どんな内容なのか、おすすめを部分を少しご紹介したいと思います。

K-FLATやHOT’Sのメタルジグの使い方/使い分けが分かる!?

まずは、平松慶さん自信が手がけるメーカー「Kフラット」から発売しているメタルジグ「ガミー」や「ケイジグ」、そして開発に加わったHOT’Sから発売されているメタルジグ「ケイタンジグ」「デブタンジグ」「ドリフトチューン」などの特徴や使い分けなどが分かる内容となっています。

平松流ワンピッチジャークや食わせの間、フェイクジャークの使い方など

ジャークスタイルのコーナーでは、「点の動作」と「線の動作」をキーワードに、リールを主体とした平松流ワンピッチジャークの紹介や、点の動作や線の動作時に使うメタルジグ、食わせの間の取り方やフェイクジャークの使い方が分かる内容になっています。

独自のフック理論「点の動作」「線の動作」に合わせたフックセレクト

一般的には、狙う魚のサイズやメタルジグの大きさに合わせて使うアシストフックの大きさや種類を選びますが、平松さん独自のフック理論、「線の動作」「点の動作」に合わせたフックセレクトがとても勉強になります。

これが購入のキッカケに!?「春夏秋冬」シーズン別のヒラマサ攻略術

ヒラマサ攻略と言っても、シーズンで水温も違えば、食っているベイトも違います。私がこの本を購入した一番のキッカケがこのシーズン別のヒラマサ攻略術です。

春も、春前半と晩春にわけ、夏マサから秋、低水温時の冬と、各シーズン別のメインベイトの違いから誘い方など、シーズンに合わせたヒラマサ攻略は、ヒラマサを釣りを人には貴重な情報源となります。

私は、トップシーズンの3月中旬からゴールデンウィーク、また秋と、年に2,3回長崎県の対馬にヒラマサ狙いに行きますが、トップメインになることが多いので、この本のジギング中心のヒラマサ攻略は凄く参考になりました。

次の対馬遠征では、行く前にもこの本を読み直して、ジギングで本の内容を意識しながら釣りをしてみたいと思います。

他にも、リールやロッドのセレクト術や、ブリジギングの記事、ブリとヒラマサの捕食やレンジの違いなど、参考になる記事が盛り沢山です。

ヒラマサ狙いをする方には「永久保存版のバイブル」になりますので、釣りに行く前に読み直したい一冊ですね。

平松慶のヒラマサワールド「エイムック」

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。