1日ジギングで使ったリーダーを10日間放置!ちょっと白くなったリーダーの強度実験

Pocket
LINEで送る

おはようございます、しょうへいです。

先週16日に、1日ジギングで使い倒したナイロンリーダーがどのくらい劣化しているのか確かめました。

そのときは7%ほど劣化していることが確認できたのですが、さらに残ったリーダーを10日ほど放置しておきました。

1回ジギングにいって、その次の釣行に同じリーダーで釣りをするというイメージです。

ナイロンリーダーはさらに劣化していたりするのでしょうか!?

リーダーがどうなっているのか確認

1476531939953[1][1]

先週リーダーを実際に1日ジギングで使い、それを回収しました。それを10日ほど薄暗い部屋でスプールに入れたままポイっと放置しておきました。

DSCF1513[1]

上のラインが新品のライン、下のラインが1回ジギングで使ったあと、10日ほど放置したリーダーです。

1日ジギングしたぐらいでは白っぽくなってたりはしていませんでしたが、10日放置したらなんとなくうっすら白くなっている気がします。

果たして劣化は進んでいたりするのでしょうか!?

ドラグチェッカーをはさんで、切れるまで引っ張って強度を確かめてみました。

ラインは7号30lb(15kg)のものです。

気になる結果は!?

3回のテストを行いました。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 13.5 90%
2 13.5 90%
3 13.5 90%
平均 13.5 90%

前回の結果が(1日ジギングをしたその日にすぐ計測)のときは14kgで93%でしたが、そこからさらに劣化が進んでいることが確認できました。

新品のリーダーから1割ほどの強度低下が見られます。

DSCF1515[1]

一応、実用ドラグの範囲内ですので、すぐに問題が起こるということはないかもしれません。

しかし、今までの実験で、何回も釣行に同じリーダーを使うと、ヨレによる強度劣化、吸水による強度劣化、紫外線による強度劣化、今回の実験のように時間経過による自然劣化もあり、徐々に強度劣化が進んでいるようです。

ナイロンリーダーは安いのがメリットですので、1回使って経過したリーダー、特に白くなったリーダーは交換するべきなのかもしれませんね。

 

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

  1. 日々研究お疲れ様です。
    リーダーまだ余ってますか?
    切れるのはノット部分が大半なので、
    ・ノット部分の給水劣化がショックリーダーの強度低下率と同様なのか
    ・劣化したショックリーダーでのイモムシノット等が、ショックリーダーの強度低下率比で100%強度が出るのか

    が実戦での強度低下になると思います。

    ナイロンは毎回交換するべきと結論が見えてますから、フロロの時に実験お願いします。

コメントは閉じられました