福井県小浜沖 2015/12/30 遊漁船オンリーワン ハマチジギング

Pocket
LINEで送る

遊漁船オンリーワン 福井県小浜市

こんにちは、会長です!

昨年の話になりますが、12月30日に、福井県の小浜に釣り納めに行くことが出来ましたので、その時の釣行記をアップしたいと思います。

福井県小浜市へプチ遠征に

私のホームグラウンドである、福井県は大きく分けると嶺北と嶺南に別れます。嶺北には、三国沖、鷹巣沖、越前沖、嶺南には敦賀沖、小浜沖などジギングポイントがあります。

私は、嶺北に住んでおり、メインの三国沖や鷹巣沖には30分程度でいけますので、今回釣行した嶺南の小浜(おばま)は、2時間ほどのプチ遠征になります。

嶺南(敦賀沖、小浜沖)は、大阪や名古屋、京都などからのアクセスが良いため、福井の方よりも、県外の方がよく遊漁船を利用されています。

最大登場人員30名!珍しい双胴船の遊漁船「オンリーワン」

今回、お世話になった遊漁船は「オンリーワン」さんで、双胴船と呼ばれる揺れの少ない大きな船です。全長が19m、幅が7mもあり、30名の釣り人が乗ることが可能、屋根があり、ゆったりと釣りが出来る遊漁船です。

ここ最近の小浜沖は、大物はあまり出ていませんが、ハマチの数釣りが出来るようで、今回もハマチ釣りメインの釣行になりました。

小浜のパターンは早巻き&ストップ(長め)

嶺南(敦賀沖・小浜沖)には、青物の誘いのパターンがあり、早巻きしてのストップが有効になります。超高速で巻いて、ストップ。1秒ほど止めると、コツンと竿先にあたりが出ますので、それを掛けていく釣りです。

ハマチがメインですので、あまりヘビーなロッドは使わず、ライトなロッドとハイギアのリールがオススメです。

ハイギアのリールは速く巻け、ライトなロッドはティップが柔らかく、あたりがとりやすいです。

午前中の釣果。

午前中は、かなり苦戦しました。あれこれジグを変えてみましたが、なかなか当たりが出ず、迷走。

マッチ・ザ・フック!?フックサイズが結構重要!?

結構、船中でも釣った数が少ない方だったので、他の人のジグなどを観察した結果、あることに気付きました。

フックが大きすぎる!?

私は、結構大きめのフック(26号〜30号)を使うのが好きなのですが、他の人の人を見ると、ショアジギングか!というぐらい小さいフックばかり。

フックサイズだけ見たら、私のフックは船中トップの大きさです(笑)

吸い込みきれていないのではないか?と小さめのフックに交換してみると。

今までが、ウソのようにアタリが出だし、タイミングよく合わせると、面白いようにヒットします。

フォールではサバもヒット。

フックサイズかなり重要です!マッチザフック!

釣果は、ハマチ、サワラ(サゴシ)、エソ、サバなどでした。

関東方面(静岡)からのお客さんで、ジギングが初めての方も載られていましたが、パターン掴んで、ハマチ釣りを堪能されていました。

オンリーワンさんは、大きな船でゆったり釣りが出来て、価格も乗り合いで1万円(H27年12月現在)とお手頃な価格ですので、初心者の方には、是非お勧めしたい遊漁船です。

遊漁船オンリーワンHP http://www.onlyone-web.com/

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。