苦手な鳥山を攻略! 鳥山キャスティングで「リップ付きミノー」が有効な理由とは!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1525679922644..jpg

おはようございます、しょうへいです。

皆様、GWの釣行はどうでしたか!?

私は前半と後半に2回釣りにいきましたが、後半の6日の釣行ではスーパー鳥山に遭遇しました。

鳥山ってチャンスだけど、なかなかモノに出来ないと長年悩んでいませんか!?

私がまさにそれです(笑)

船長のアドバイスでなんとか攻略できましたので、攻略法をレポートしたいと思います。

鳥山の攻略の特効薬!?実はミノーが効く!!

IMG_20180507_31500.jpg

連休最終日ということで、近くの釣り場へ向かいました。今回も世話になったのは三国のジギング船・フィッシングガイドサービス・ブルーズさんです。

福井県三国の状況についてはコチラ→「大型真鯛」と「ブリ」が入り乱れ!? 私の地元「福井県三国沖」の春ジギングをご紹介

6日の釣行では朝から激しい鳥山が発生、スーパー鳥山状態で海面が真っ黒になるほどでした。

近づいてもらうとブリがイワシを追い回す姿まで見えます。海面はバシャバシャです。

まさに鳥山を撃つという状況で、同行者はさっそくキャスティングでMariaのラピートを使いブリをGETしていました。

鳥山といえば、水面までフィッシュイーターがベイトを追いたて、そのベイトを鳥がつっついている状態、もちろんその場にはやる気のある魚がうようよしています。

釣り人なら誰しもテンションの上がる光景なのですが、実は私は鳥山の攻略が苦手です。

鳥山がでてるのにキャスティングで乗せきらない、なぜか掛けれないということが多く、どうしたものかと悩んでいました。

wp-1516953658172..jpg

そんな鳥山が苦手な私が、船長のアドバイスをもらい持っていったルアーがこちら、DAIWA ショアラインシャイナーZ LH(LUNKER HUNTER) 150F-HDです。

磯ヒラや磯マルなどのショアで良く使われるルアーですが、オフショアでも使えるウエイトであり、貫通ワイヤー仕様です。

そしてこのルアーはフローティングのルアーです。

どうしてミノー??と思われると思われる方もいらっしゃるかと思いますが、鳥山攻略にはミノーを使うメリットが多いそうです。

  • レンジキープがしやすく、自動的に水面直下を泳いでくれる
  • リップが付いているので水面を飛び出さない
  • リップが付いているので船のギリギリまで泳いでくれる
  • ミスアクションすることがなく、短いチャンスを有効に使える
  • トゥイッチをまぜてリアクションバイトに持ち込める
  • 鳥がプラグを襲う確立が少ない

などがメリットになります。鳥山はずっと続いてくれるわけではありませんので、これらのことは有利に働きます。

現在主流のダイビングペンシルほどの”寄せる力”はありませんが、しっかりフラッシングしてくれますし、波動も出します。

食い気のある魚がそこに間違いなく「居る」という状況で威力を発揮してくれます。

IMG_20180507_30792.jpg

というわけで、苦手だった鳥山を克服!

ナイスサイズのブリをミノーでゲットいたしました。

wp-1525680432659..jpg

同行の方もタックルハウスのミノー「シブキ」でブリをゲット!

やはり鳥山付近ではミノーが有効のようです♪

その他、シンキングペンシルや、ジグミノーなども有効だと思われますが、リップが付いていることでミスを減らすということは大事なようですね♪

そういえばこんな記事もありました→【考察】オフショアキャスティングを「リップ付きのシンキングペンシル」で攻略!?

もちろん、状況によってはダイビングペンシルやポッパーで誘い出したほうが有効なことも多いですが、鳥山で魚が見えているのにどうしても獲りきれない!!という方は是非おためしください。 

鳥山はジギングもチャンス!!

DSC_3332[1]

こちらの方は鳥山付近で、ちゃんとボトムを取ってジギングでマダイをゲットされていました。

鳥山といえば目の前で魚がバチャバチャやっているので、どうしてもキャスティングが有利かと思われますが、追い立てられて死んだベイトを、下で拾い食いしてやろうという魚がいる為、ジギングでも有利な状況です。

特に三国ではマダイやシーバスをよく見るような気がします。

鳥山だけどキャスティングタックルがない、もしくは釣り座が投げにくいポジションというときでも、ジギングでバーチカルに攻めても釣果に恵まれることが多いです。

鳥山付近ではマッチザベイトが強く働くといわれていますので、追い立てられているベイトに近いサイズのジグを、フォールを意識して使うことが重要だそうです♪

IMG_20180507_313.jpg

鳥山が落ち着いたあとはタイラバでマダイやヒラメが連発していました。鳥山のある日は活性が高いようですね♪

70を超えるマダイや座布団ヒラメを全員ゲットしました。レクチャーのために竿を出した船長の竿もブチ曲がりです。

今回、鳥山攻略に使ったリップ付きのフローティングミノーのショアラインシャイナーZ LH 150F-HDですが

姉妹サイトの「ルアーバンク」では、最安価格の他にも水中動画やフックサイズなども確認できます。

気になった方は一度ご覧ください♪

ちなみにタックルハウスのシブキはマグロ用のミノーのようです。結構ヘビー系のミノーですので、タックルに合わせたミノーをお選びください♪

ルアーバンク

 

ジギング魂オリジナル フック用「防錆袋」
↓↓好評発売中です↓↓紹介記事はこちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。
「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索