【コラム】昨日遭遇した「イルカナブラ」の意外なメリットと攻略法

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1525679922644.-800x450

おはようございます、しょうへいです。

昨日、地元の海域へ春のジギングに行って来ました!

朝早くからポイントに付くと、そこには大量の鳥山と・・・・・・イルカの群れが居ました。

イルカといえば、イルカがいると活性が下がるのでは?、他の魚が散ってしまうのでは?とあまり良いイメージがないようです。

釣れなかったときの言い訳に、イルカのせいにすることも私はよくやります(笑)

そんなイルカですが、今日はイルカのおかげで珍しい光景に遭遇しました。

無題

イルカって意外と船のそばを通過したりしますよね。

世の中では「カワイイ~」なんて言われたりするイルカですが、オフショアアングラーの皆様はあまり良い印象がないのではないでしょうか!?

私の仲間内でも、あまり評判がよくありません。

  • 釣りの対象になる魚が怖がって散ってしまう
  • 魚の活性が下がってしまう
  • 魚のエサを横取りしてしまう?

など、さまざまな悪評よく聞きます。

昨日、地元のホームグランドである、福井県・三国’(みくに)のジギング船・フィッシングガイドサービス・ブルーズさんにお世話になりました。

ポイントに付くとイルカまみれ、イルカについて鳥山ができています。

朝からブルーな気持ちになりましたが、やってみればなんとマダイやシーバスが絶好調だったのです!!

wp-1554635471145.jpg

同船の方も85cmの大型マダイもイルカナブラの下でGETされていました。

イルカは表層のイワシなどのベイトに突撃していきます。

イワシが表層に追いたてられて、そこに鳥山ができたりナブラが起きたりします。

イルカはあまりボトムまで潜ったりはしないようで、イルカや鳥が食べ散らかしたり、ナブラで息絶えたイワシを底付近のマダイやシーバスが拾い食いしているそうです。

船長も何度もボトムにいるよとアドバイスをくれました。

wp-1554635471217.jpg

この日はシルエットの小さめのジグが有効のようでした。ベイトのサイズにもよるのかもしれません。

特にフォール中のアタリが連発しました、やはりイルカの食べこぼしが落ちてくるのを下から見上げているのかもしれませんね♪

同船の方はフォールを意識したアクションでシーバスを連発。

wp-1554635471195.jpg

一時はダブルヒット・トリプルヒットもあり船の上はてんやわんやです。

これもイルカの恩恵です。一概にイルカがいるからダメ、というわけではなさそうです♪

ちなみにですが、鳥山・ナブラとはいえ、イルカが原因のものにキャスティングでバイトを得るのは困難だそうです。

ベイトのサイズがシビアですし、なによりもナブラを起こしている原因は魚ではなくイルカです。

海面が騒がしいとつい目を奪われがちですが、ボトムを意識した釣りのほうが確立が高いそうです。

そういえば普通のナブラでもボトムを狙うとよかったような・・・・・・

【コラム】ナブラは表層じゃなくて底を狙う!? 最近心がけているナブラ攻略法とは!?

イルカがいても、諦めずにボトムとフォールを意識したアクションで狙ってみてください♪

思わぬ大物が得られるかもしれませんよ♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索