【コラム】ナブラは表層じゃなくて底を狙う!? 最近心がけているナブラ攻略法とは!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

メリークリスマス!会長です。

昨日、12月にしては珍しく海が凪ましたので、マイボートでジギングに行ってきました。

時折、ハマチ(ツバス)のナブラがありましたが、サイズが40cm前後と型が小さく、前日そこそこ釣りましたので、昨日はマダイ狙いに切り替えていろいろなポイントをフラフラしていました。

最後に、ハマチのナブラの中から、ここ最近心がけているナブラ攻略法で、真鯛を釣ることが出来ましたので、ちょっとご紹介したいと思います。

ナブラの水面下は更にパラダイス

ナブラといえば、青物などがベイトのイワシを水面に追い上げて、バシャバシャと捕食をしている魅力的なシーンです。

食べているベイトのサイズにメタルジグのサイズを合わせて、キャスティング。表層を狙うということをよくやっていたのですが、よくよく振り返ってみると、それほど良い釣果に恵まれた記憶がなかったんです。

最近は、ナブラの下で「落ちてくるベイトを狙っている魚」を狙うというのを心がけていて、これが結構よい釣果に繋がっています。

ことの始まりは、5,6年前になりますが、沖に凄いナブラがあったので、ボートで向かってみたところ、ナブラの正体は「イルカ」でした。

イルカがイワシを捕食していたのですが、思い切ってナブラの中にジグを投げてみたんです。

そしたらですね、フォールしているジグに、大きな真鯛やらブリなどが当たってきて、かなりの釣果がありました。

今まで、イルカが出たら魚が釣れなくなるというイメージでしたが、今はイルカナブラの下はパラダイスのイメージに変わりました。

恐らくですが、イルカが食い散らかした落ちてくるイワシを食っているんじゃないかと。ほとんどフォールで食ってくるんです。

それから、ナブラは表層は狙わず、落ちてくるイワシをイメージして、フォールで魚を狙うようにしていましたが、大型のブリや真鯛がよく釣れるようになりました。

昨日のハマチナブラの下でフォールで食った真鯛。

ハマチが湧いているときでも、ブリが釣れたり、

シーバスや

根魚、

とにかく大型の真鯛がよく釣れました。

ヒラヒラとフォールするセンターバランス系のメタルジグがおすすめで

イワシナブラのときは、ウロコジグが最強です♪

春にチビウロコ、先月、ウロコジグ ショートが発売され、色んなサイズの「まるでイワシ」が勢揃い!

マッチ・ザ・ベイトで、ナブラの中にフォールさせると、面白いように色んな魚が釣れてきます。

昨日もずっとウロコジグ ショート使っていましたが、4時間ぐらいの釣行で、結構色んな魚が釣れました。写真以外にハマチとカサゴも。

ウロコのようなホログラムがいいんでしょうか?ヒラヒラフォールがいいんでしょうか?

食卓もパラダイスです♪

ナブラに遭遇したら、是非ウロコジグフォールお試しください♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索