シマノの「フィッシンググリッパー」がマジで便利! 魚つかみの最高峰かも!?

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1545632967857.

おはようございます、しょうへいです。

先日、釣りに行ったときに仲間が持っていた、シマノの「フィッシンググリッパー(CT-982R)」。

使っているところを見ていたり、貸してもらったりしたのですが、マジでめちゃくちゃ便利でした!!

ライトゲームからオフショアまで、魚掴みならコレが最高では!?と思うくらい便利でしたのでご紹介いたします。

クリップ力が強い=使いやすい!ハサミ型のフィッシンググリッパー

55025_lineup1

私もいままで、魚掴みやメゴチバサミ、フィッシュグリップなどいろいろなアイテムを買ってみたりしてきました。

小さいボートでえさ釣りを使うときなどは持っていくのですが、オフショアになるとあまり持っていくことはありませんでした。

というのも、トング型の魚掴みは掴む力がいまいち弱く、ライトゲームならいいのですが、オフショアとなるとなかなか出番がないからでした。

とはいえ、あると便利なのが魚つかみ。なにか良い商品がないかなと思っていたところに仲間が持っていたのがこのシマノの「フィッシンググリッパー(CT-982R)」でした。

wp-1545632967857.

このフィッシンググリッパー、ハサミ型なので掴む力が強く、握るようにグっと持てるので力が入ります。

人差し指の置き場もいいですね、さらに力が入ります。

トゲが危険な魚が釣れたときはもちろんですが、それ以外にも使える力の強さです。

小~中型の青物が釣れて、バケツで血抜きをしますよね。血抜きが終わったらクーラーボックスに移すのですが、手がヌルヌルになるので、ぶっちゃけ素手で触りたくは無いです。

こちらのフィッシュグリップは力が強いので、小~中型の青物でも尻尾を掴んで持ち上げることができます!

手を汚さず魚の移動ができるのは便利です♪

wp-1545632967805..jpg

ステンレスの歯(刃ではないですw)がついていますが、こちらもガッチリした作りになっています。

魚が滑りにくく、フィッシュグリップの変わりに使うこともできます。

DSC_0006[1]

口に突っ込んで持つこともできますので、魚の写真を撮るときも安全に魚をもてそうです。

魚の口からフックを外すときも、暴れる魚の口に手を近づけるのは危険でので、こういったアイテムで魚をホールドしてからプライヤーでフックを抜くと安全なのでオススメです。

もちろんライトゲームで小型の魚を掴むこともできますし、タチウオでもしっかりつかめるそうです。

イカメタルのときに、イカを掴んでポイポイとクーラーに放り込むという使い方もよさそうですね♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索