電動リールや探見丸用の「12Vバッテリーの残量」を調べる方法

Pocket
LINEで送る

おはようございます。会長です。

以前もちょろっとお話しましたが、最近電子工作にハマっていまして〜。先日、太陽光発電をやってみた時に、バッテリーの残量を調べる方法を知りました。

電動ジギングする人はよくあると思いますが、釣りに行く前日に「そういえば、バッテリー充電してあったかな?」とか「前の釣行であまり使わなかったけど残量どのくらいあるんだろう」など、バッテリーの残量がわからず不安になることがあります。

ちなみに私は、バッテリーは「探見丸の子機」に使っていますので、とくに残量は気になります。

ということで今日は、バッテリーの残量を調べる方法をご紹介したいと思います。

バッテリーの残量を測定するには、テスターで電圧を計測する

バッテリーの残量は、バッテリーの電圧を測れば分かるそうです。

試しにテスターで電圧を測ってみます。

12Vバッテリーのはずですが、計測した電圧は13.10Vです。

電池も含めてバッテリーというのは、満充電の時は表記されている電圧よりも高いそうです。それが使用していって残量がなくなっていくと電圧が下がっていくそうです。

電気が嫌いな方は拒否反応が出ると思いますので、解説は後にしておいて答えを先にお見せしたいと思います。

12Vバッテリーの電圧と残量の関係表

計測した電圧(V) 残量(%)
13.00以上 充電中
13.00 100
12.75 90
12.50 80
12.25 70
12.00 60
11.75 50
11.50 40
11.25 30
11.00 20
10.75 10
10.50 0

この表のように、バッテリーの残量が少なくなるにつれて電圧が落ちていきます。

ちなみに計測したバッテリーは13.10Vでしたので、充電中ということになります。※ソーラーパネルで充電中でした。

雑学ですが、電気は電圧の高いところから低いところに流れますので、残量の無くなった10.50Vのバッテリーに充電器で13.10Vの電圧を掛けることで充電されていきます。

バッテリーと充電器から出る電圧が同じになり均衡すると電気が流れなくなりますので、充電完了ということだそうです。

よくバッテリーは過剰に充電すると爆発するとか聞きますが、この電圧の均衡で過剰充電がされない仕組みになっているようです。

また、バッテリーの残量が見えるものもありますが、電圧を計測することで、残量表示を変えているみたいですね。

テスターなんて買うのは嫌だ!という方は

メーカーのテスターになるのはいいけど、テスターなんて買うのは嫌だwなんて方は、Amazonに激安で売っている電圧計の購入がオススメです。

   

このように、プラスとマイナスのリード線を当てるだけで、電圧を測定して表示してくれます。

驚くべきはその価格!

180円(税込)で送料無料!なんです!

0Vから30Vまで計測できますので、電池なんかの残量計測にもいいですね〜

1個持っておくとかなり便利ですので、結構おすすめです。

Amazonで購入する場合の注意

Amazonで購入すると、中国から送料無料で届きますが、送料無料に出来る理由があります。

理由は、中国から日本に運ぶ荷物がある程度溜まってからまとめて送ってきます。だからいつ届くか分からないというのが問題です。

電子工作用に同じメーカーから部品を大量に買っていますが、早くて1周間、遅くて3週間程度で届いています。

あと、まだ一度もありませんが、中○製なので壊れている可能性があるということです。電子工作では2個ずつ買うようにすることで、回避するのが常識のようです。

  • 180円送料無料
  • 中国から届く
  • 7〜14日と記載があるが、21日かかる場合もある
  • 壊れている可能性があるので2個買うのがオススメ。予備にもなる


デジタル電圧計0〜30V 180円送料無料

テスターならお急ぎ便が選択できますので直ぐに届きますよ。オススメのテスターはこちらです。

デジタルマルチメーター日本語説明書付き 2,050円(52%OFF)送料無料

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。