抜けなくなったロッドのジョイント部を抜く方法

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

皆さんは、ロッドのジョイント部(つなぎ目)が抜けなくて困ったことないですか?

私は抜けなくなって結構困ることが多いのですが、なにか簡単に抜けるいい方法がないかと模索していたところ、画期的なアイテムに出会いましたのでご紹介したいと思います。

※この記事は2017年1月に書いた記事に追記したリライト記事です。

力を増幅させる手袋「ワンダーグリップ」

実は、最初は「滑り止めシート」や「ロッドベルト」などを巻いてみて、抜けなくなったつなぎ目を抜く方法としてご紹介しようと思っていたのですが、グリップ力が最強の手袋がないかな〜?と探していたところ、力を増幅させる手袋「ワンダーグリップ」を発見しましたので、ちょっと購入してみました。

ロッドのジョイント部を抜くときに、片手のグリップ部分は滑らないので全然力が入るのですが、バッド部分は滑りやすく、しかも細いので全く力が入らないことが多いです。

ついついガイドに手をかけて回してしまうのですが、これではガイドが破損してしまう恐れがあり、本当に固い場合には怖くて力を入れることができません。

Amazonから数日でワンダーグリップ手袋が届きました。

手のひらの面はこんな感じです。

かなりグリップ力が有りそうな素材で、ラテックスと呼ばれる輪ゴムなどに使われる素材のようです。

この手袋を両手に装着して、両方をにぎにぎします。

ぐっとひねってみると、 「お〜!少し動いた!」 うたい文句通りのグリップ力で、かなり力が入り全く滑りません♪  

この通り、抜けなくなっていたジョイント部分を見事抜くことが出来ました。 二人で持って、抜くのが一番いいですが、細いバッド部をもつ方の人は結構滑るので困ることが多かったですが、この手袋を付けておけば、滑らずに抜くことが出来そうです。

これはかなりの救世主になりそうなアイテムですね♪

今回、私が購入してみたのは、防水の防寒タイプで、冬や冷たいクーラーボックスの中から魚をつかんだりする際に便利そうです。 防水の他にもいろいろなタイプのワンダーグリップがありますので、用途に合わせて購入してみるのもいいかもしれません。

タックルボックスに一つ入れておくと、グローブの予備になったり、魚をつかむ時にグローブと交換したり、もちろんジョイント部を抜く際にも便利ですので、とてもオススメのアイテムですね♪

普通の男性ならLサイズでぴったりですよ♪

2019年4月追記 「濡れると全く効果がない」

この商品、2年以上前に購入してずっと使っているのですが、先日ちょっとした問題にぶつかりました。

釣りが終わって船着き場でロッドに水を掛けて洗いました。

ジョイントを抜こうと思って引っ張るのですが、なかなか抜けなかったので、ワンダーグリップを出してきて抜こうと思ったのですが。。。

つるつる滑ってグリップ力が全くありません。。。

???

どうも濡れるとゴムとロッドの間に水の膜が出来て、ゴムのグリップ力を生かせないようです。

むしろ、濡れると素手より滑るようになりますので、使う場合は洗う場合に使うか、十分に水気を拭いてから使う必要がありそうです。

ロッドジョイント 抜けない入らない解消ブラシ

ワンダーグリップで抜けなくなったジョイントは抜きやすくなるのですが、ジョイントを差し込む前に「ロッドジョイント抜けない入らない解消ブラシ」でジョイントの穴の中をゴシゴシ清掃しておくとかなり入りやすくなります。

入りにくいジョイントを無理やり入れると固着して抜けにくくなりますので、掃除してからスッ!っと差し込むことで、抜けにくくなることがほとんどなくなりました。

小さな穴の中を満遍なく綺麗に掃除するのは道具なしでは困難ですので、専用ブラシがあると大変便利です♪

只今、3サイズセットをご購入の方に、柄にピッタリのロゴシールをプレゼントさせて頂いておりますので、この機会に是非ご利用ください♪

ルアーバンク公式ストア ロッドジョイント抜けない入らない解消ブラシ

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索