管付きフックなら「1回結ぶだけで強度十分説」を検証したら衝撃の結果に!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

先日、管付き針で作るアシストフックの強度を測っていた時に、ふと

「何回結ぶのがいいんだろう?」

と思い、1回だけ結んで手で引っ張ってみたところ、なんか結構強そう。

もしかして「管付き針なら1回結ぶだけで強度十分」じゃない?

ということで、30号のPEアシスラインの両脇に管付きフックを結んで、強度を測ってみることにしました。

ちなみに結び方は、外掛け結びの1回バージョンです。

切れた時に事故が起こるといけないので、針先にスポンジ刺してます。

5kgぐらいずつで、一度止めて確認します。

ちょっと片方、ヒゲ短かったかな。。。

10kg

まったくの変化なし。。

15kg

全然、余裕そうです。

20kg

大体この辺からいつも何か起こります。観察してみるとちょっとヒゲが短くなった気がします。

25kg

抜けるかな〜と思いましたが、達成しました。もう片方のヒゲがちょっと短くなった気がします。

30kg

この辺でフックが曲がり始める強度になります。フックは曲がりましたが、抜けはしません。ヒゲ超短くなっています。明らかに滑っています。

32kg

35kgまで引っ張ろうとじわじわ引っ張ってる途中に、32kg周辺でパチン!と片方が抜けました。

32kgでというよりは、20kg以上を断続的にかけると、ちょっとずつ滑っている感じがします。

滑りに強そうなシーハンターにしてみた

フックは曲がってしまいましたが、まだ測定は続けれそうなので、滑りに強そうなシーハンターを1回結びにして、再測定してみました。

とりあえず、徐々に力を掛けていって、35kgまで引っ張ってみました。

瞬間ではなく、断続的に35kgを掛けてしばらく止めておきましたが、ヒゲの長さはピクリとも変わりません。

 

片方は、ちょっと結び目が締まった感はありますが、ヒゲの長さは全然短くなっていません。

以前に5回結びで実験しフックが折れたり、曲がり切ったりした37kgまできましたが、1回結びでも全然状況が変わらない感じです。

全然、1回で問題なさそうです。

1回結びは結び目が小さくていいですね。しかも誰でも簡単に結べそうです。速いし。

多分、PEのアシストラインでも終端をライターなどで炙って焼きコブ作っておけば、1回結びでもかなりの強度になりそうです。なくても32kgまで抜けませんでしたし。

SLJやライトなジギングなら、1回結びで十分そうですね♪

青物の管付き針は、刺さりと強度抜群の「」がおすすめです♪

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索