型(サイズ)狙いに特化!? BlueBlueの新メタルジグ「Leptis-レプティス-」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1566473172253.jpg

おはようございます、しょうへいです。

先月になりますが、BlueBlueから新メタルジグLeptis(レプティス)が発売されました。

BlueBlueのメタルジグはかなり好きなジグが多くて、前々から気になってはいました。

ビッグサイズを狙い撃ち!というコピーのメタルジグなのですが、ちょっと購入してみましたので、どのようなジグなのかレビューしてみたいと思います。

数釣りではなく「型狙いに特化」したメタルジグ!?

leptis_00[1]

ブルーブルーより発売のレプティスはライトジギング用のセミロングメタルジグです。

これまで数釣りをこなせるようなメタルジグは数多くありましたが、ライトジギングでも狙って大型のものだけを選んで釣れるジグが欲しい!という思いから開発されたメタルジグだそうです。

wp-1566473172248.jpg

フラットなセミロングジグと思いきや、リア部分に向けて膨らむように大きくなっています。

リアバランスのメタルジグで、アイを含めて150gで180mmと、重量の割にやや大きめのジグです。

確かにジグが大きいと小型の魚からのバイトは減少します。

かといって大きすぎると大型の魚からのバイトも減ってしまいますが、こちらのレプティスはジグのシルエットと波動(ルアーが水を押して振動する力)のバランスをとることで選択的に大型の魚を狙えるジグに仕上げているそうです。

wp-1566473172232.jpg

見た目の通りバランスは、リア寄りになっています。

リアバランスのジグはフォールが速く、ボトムがとりやすいという利点があります。

二枚潮などの複雑な潮にも対応できます。

また、ラインスラッグのコントロールが用意で、歯モノが多くあまり糸フケを作りたくないときでも糸を張ったままにしやすいジグです。

フロント側は平な為、引き抵抗も軽く、適度な使い心地でした。

8goo6fewu7ay4w3jnemv-21e14264[1]

テストは主に東京湾での太刀魚でさていたようですが、掛かればアベレージよりも大きな魚が釣れるジグに仕上がっているそうです。

私の最寄の日本海ではまだまだSLJシーズンですが、これから秋にむかって青物シーズンが始まり大きめなジグにも魚が反応するようになってきます。

青物でも大型のものが狙って使えるのか⁉試してみてまたレポートしてみたいと思います。

9mjf89x4xy7zie3tgc3k_480_243-9709aa62

カラーは10色、ウエイトは現在150gのみが発売されています。

これは他のウエイトはテスト中で、完成した150gのみが先行販売されている形になっているそうです。

これからの秋シーズンに使うのが楽しみです♪

BlueBlue Leptis
https://www.bluebluefishing.com/item/detail/002803/

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索