浅場のSLJの攻略に!? 今月発売のメガバス「マキノタネ」がオフショアにも良さげ!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

毎日、毎日、暑い日が続きますね。。

お盆が過ぎればもう少し涼しくなり、地元でのオフショアの釣りでもSLJが最盛期になってきます。

メガバスから今月(8月)下旬発売予定の「マキノタネ」というルアーが、そのSLJにも活躍しそうなアイテムですので、ちょっとご紹介したいと思います。

インチク?鯛ラバ?浅場のリーサル・ウェポン!?「マキノタネ」

こちらが、メガバスから今月発売予定の「MAKINOTANE(マキノタネ)」というルアーです。

インチクと鯛ラバが合体したようなルアーですが、サイズのラインナップが20g,30g,40gと比較的軽めのルアーで、ショアからのキャスト用に開発されたルアーのようです。

使い方は、キャストして着底させ、巻いてフォール、巻いてフォールを繰り返しで、基本はターゲットのレンジを探りつつ、そのレンジを重点的に、巻きとフォールで狙うのがポイントのようです。

対象魚は、真鯛を始め、ヒラメやマゴチ、カサゴやハタ系の根魚、ブリ(イナダ、ワラサ)、サワラ、カンパチの青物に、クロダイ、シーバスと、豊富で、イカやタコ、ゴカイなどを捕食しているターゲットに絶大な効果があるそうです。

個人的には、オフショアのSLJに使いたいと思っているのですが、浅場のヒラメや

マゴチ狙いに、キャストして広範囲にさぐれ、メタルジグよりもアピール力が高いのが魅力です。

水深20m前後の浅場では、バーチカルに釣るよりも、キャストして斜め引き、広範囲を探るほうが、圧倒的に釣果に恵まれますので、このようなルアーが一つあると、浅場を効率よく攻略できるので、非常に重宝します♪

 

ルアー自体は、専用設計のヘッドに

タコベイトとネクタイ、トリプルフックを組み合わせたような、タコベイトフックで構成されています。

アシストライン系がないので、サワラやサゴシ、タチウオ狙いにも良さそうです。

スイベルとスプリットリングを連結させて作られているので、予備フックも同じように連結してタコベイトにかぶせて作れそうです。

カラーラインナップは、全8色(8種類)で、ヘッドとタコベイトフックがマッチしたカラーリングになっています。

タコがベイトの時に良さそうな、レッド系のカラー以外にも、イワシカラーやグローカラーあり、ヒラメ、マゴチ狙いに良さそうです。

バーチカルにしゃくるよりも、投げて巻きの釣りが中心になる浅場のSLJ。

メタルジグと違った攻め方のできる「マキノタネ」は、1つ2つ持っておきたいアイテムですね♪

magabass マキノタネ
https://www.megabass.co.jp/site/products/makinotane/

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索