【釣行レビュー】ついに発売!「マイクロフリップ・エッジ」を実際に使ってみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSCF1903[1]

おはようございます、しょうへいです。

ちょうど1か月ほど前に発売前インプレをした、ギアラボから新発売のメタルジグ「マイクロフリップエッジ」。

とうとう発売となりましたので、実際に使ってきました!

使ってみるとノーマルの「マイクロフリップ」とは少し違う使い勝手でしたので、使い方と合わせてレビューしたいと思います。

なんでも釣れるぞ!?マイクロフリップ・エッジ

wp-1594985140735.jpg

丸みのあるデザインから、角ばった薄いデザインになった「マイクロフリップエッジ」。

今月頭に発売となりました。

発売前インプレはこちら→ギアラボから8月発売の新モデル「マイクロフリップ エッジ」発売前インプレッション

さてさっそく実際に海で使ってみましたが、ノーマルの「マイクロフリップ」とは少し違う使い勝手とは使い方が異なります。

ノーマルの「マイクロフリップ」は、ただ巻きが基本の使い方で、巻きの速度をどのくらいにするのか、どのレンジまで巻いてくるのかという使い方が中心でした。

新しい「マイクロフリップエッジ」は、どちらかといえばジャークで動いてくれるジグになっています。

wp-1594985140749.jpg

薄型の形で抜けがよく、ジャークしてやると、ピョンと縦にクイックに動いてくれます。

フォール水平になりながら早めにフォールしてくれました。

スライドしつつ高速フォールといった感じです。

軽いショートジャークではジグザグに泳いでくれる感じになるので逃げ惑う小魚を、ラインスラックを出すロングジャークでは、弱ってふらふらになった小魚を演出できます。

最初はショートピッチな軽い入力で下から上まで誘ってやり、反応ななければジャークのピッチを変えていく、という使い方が効果的に感じました。

竿先が柔らかめのSLJ専用竿がマッチしているようにも感じました。

DSCF1897[1]

40㎝を超えるギガアジもゲット!

こちらは、長いストロークのジャーク中のフォールでヒットしてきました。

パターンがあったのか、昼間のSLJでこのくらいのサイズのアジが連発したのでかなり良い感じです。

DSCF1903[1]

そのほか、ホウボウ、カサゴ、キジハタ、タチウオがヒット。

1つのジグで五目釣り達成です♪

潮の流れが、あまりない日だったので大型の青物はヒットに至りませんでしたが、ジャークしてのアクションの付け方が幅広いので可能性は感じました。

キジハタはただ巻きでのヒットでした。ただ巻きでもテールを振って泳いでくれるのでハタ系や真鯛に効果があるそうです。

フックの刺さりもよく、だいたい上顎をガッツリ貫通していました。

私はどちらかといえば動、かして使うジグのほうが好きですので、マイクロフリップエッジはかなりお気に入りです。

なんでも釣れちゃう「マイクロフリップエッジ」、見かけましたら是非お試しください♪

ギアラボ マイクロフリップ エッジ
http://gear-lab.com/i/microflipedge

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

スイベル・リング類 バラ売り・セット特売

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

タイラバ関連

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索