フラッシングフォールが魅力的!SLJ対応「刃nano」発売!使い方とアクション

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

67347092_2309766745768190_7928064717048774656_o[1]

おはようございます、しょうへいです。

私のお気に入りジグの中の一つに、セカンドステージの「刃(ヤイバ)」というジグがあります。

そのヤイバにSLJ(スーパーライトジギング)対応の、刃nano(ヤイバ・ナノ)が先日発売となりました。

すでに店頭に並んでいるので手に取った方もいらっしゃると思いますが、注目のSLJ向けジグをご紹介いたします。

SLJ対応!セカンドステージ「刃nano」

ナノメイン

刃nanoの原型となった刃はセミロングジグで、引き重りしない軽いジグですが、軽すぎてスカスカというわけでもない、とても使いやすいメタルジグです。

刃nanoはそれを短くショート化したような見た目ですが、こちらも原型となった刃同様、引き重りがなく使いやすい、手軽で簡単なジグをコンセプトに設計されているようです。

水中動画を見ていただくと、アクションがすごく分かりやすいです。超欲しくなりますので、覚悟してご覧くください♪

リフトではス~ッと素直に上昇し、すぐにジグが横を向いてヒラヒラと平打ちしながらフォールしているのがわかります。

フォール時のフラッシングが、カタクチイワシなどキラキラしている様子にとても良く似ていて、明らかに食いそうな感じがプンプンです。

ジグの背の部分がエッジになっていて引き重りを軽減するデザインになっていますが、ジグの両サイドはフラットになっているので、

小さくでもかなり強めのフラッシングが得られるようです。

両サイドがフラットなので潮受けも良いようで、フォールを生かした使い方ができるのもメリットです。

67656556_957725004619673_7752690769877532672_n[1]

SLJで伊勢湾のメインターゲットであるイサキをはじめ、日本海の青物や真鯛にも対応しています。

ジグのサイズは小さいですが、アイは大きめなので青物が混じる海域で少し強めのスプリットリングを選べるのもメリットです。

トラブルが少ない動きなのでフックセレクトの選択肢も幅広く選べます。

使い方もはワンピッチで使ってもジグ暴れにくく、もちろんただ巻きでもOKです。

ゆったりとしたワンピッチやただ巻きからのストップなど、フォールを生かした使い方が良さそうですね♪

刃ナノカラー見本[1]

カラーは10色、ウエイトは30gと40gとSLJで使いやすい2サイズが展開されています。

30gが80㎜、40gが90㎜の大きさです。

wp-1544083832128..jpg

ちなみにですが、セカンドステージのジグはグローの発光がかなり強力です。

えっ?これがグロー!? セカンドステージのジグの塗装がスゴイ!? 鼓玉-kodama-の使い方も

夜中に釣り具を触っていて、もう寝ようかな~と電気を消したときに一際光るので驚きます。

発光時間も長いので、長時間海中にいれていても光が途絶えないのはメリットですね♪

強いフラッシングのホログラムカラー、強い蓄光のグローカラーどちらもオススメです。

個人的にですが、朝夕のマヅメ時のローライトな時間帯ではやはりグローカラーには実績を感じています。

どちらも実売900円前後なリーズナブルな価格が嬉しいですね♪

second jig 刃nano -ヤイバナノ-
http://secondstage01.com/second-jig%E3%80%80%E5%88%83nano%E3%80%80-%E3%83%A4%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8E/

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索