トータルFGノット超え!? 洗濯ばさみ作るファイヤーノットが激的に速く強いノットに!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

wp-1566616254498.jpg

おはようございます、しょうへいです。

ファイヤーノットというリーダーとPEを結束する方法があります。

硬めの滑りやすいPEを結束するのに適した方法と言われていますが、このファイヤーノットを劇的に素早く、強く作る裏ワザを教えてもらったのでご紹介したいと思います♪

裏ワザとはあるアイテムを使って……!?

ファイヤーノットを洗濯ばさみを使って結ぶ!?

wp-1566616254506.jpg

ファイヤーノットを素早く結びやすく、強度もアップする!?というアイテムがこちらの洗濯ばさみです。

ファイヤーノットは2重に折りたたんだリーダーに、PEラインを巻きつける結び方です。

結び方は動画を見ていただくのが、わかりやすいと思います。

慣れれば40秒ぐらいで結べる簡単なノットだそうです。

折りたたんだリーダーに往復でPEラインを10回ずつ巻き付けていくのですが、通常はこの作業を手で行います。

手で巻きつけるのは面倒ですし時間がかかる、細いPEだと風で飛ばされてしまう、ということで洗濯ばさみを利用するそうです。

wp-1566616254487.jpg

PEラインの端糸側に洗濯ばさみを咬ませて、洗濯ばさみを回すように巻き付け作業を行います。

ボビンノットと似たような感じですが、洗濯ばさみを使うことで準備が簡単で、巻きつけが格段に早くなり、回数を増やすことも簡単になります。

wp-1566616254502.jpg

ファイヤーノットは巻きつけた後に締め込みをするノットなので、あまり強く巻きつけると締め込みが難しくなります。

洗濯ばさみは軽いので、ほどほどの力で巻き付けを行えるのがミソだそうです。

巻き付けは10回ほどで試してみました。

もし締め込みでうまく締めこめないときは、巻き付け部ごと指でずらしてしまえば、うまく結ぶことができます。

wp-1566616254498.jpg

かなり綺麗に結べました。

こちらの方法はルアーメーカー・ティムコのルアー開発・広報担当の方に教えていただきました。

その方はバストーナメントなどにも出場していて、こちらの方法を普段から使っているそうですが、極細PEでもリーダーとPEの結束部分から切れたことはないそうです。

強度は向上したか!?

オフショアで使うことを想定してPE2号とフロロカーボン8号のよくあるライトジギングなセッティングで試してみます。

以前試した時は手で結びで、66%前後の強度でした。書籍で調べたところ70~80%程度と描かれている資料もありました。

PE2号単体をドラグチェッカーで計測すると11kgと計測できました。細すぎて構造上の誤差が出るため弱いように見えますが、この数値を100%として相対評価します。

回数 切れた負荷(Kg) 結束強度
1 9.5 86%
2 10 91%
3 9.5 86%
4 10 91%
5 10 91%
平均 9.8 89%

おお!?

かなり強くなりました。

そこそこ安定もしているので実戦で問題が出ることはなさそうです。

wp-1566616254465.jpg

切れるときもすっぽ抜けはどは起こさずに、ノットの根本で切れます。

ハーフヒッチでの補強などで、もう一息強くなるかもしれませんね。

wp-1566616254493.jpg

洗濯ばさみに挟むだけなので、ある程度の長さのPEをくるくると丸めて挟んでおくことができます。

こうすることで洗濯ばさみを回す時に邪魔にならず、あとから延長したりハーフヒッチの分を取ることができます。

もし滑って洗濯ばさみが飛んで行ってしまうようであれば、挟む面にビニルテープを巻いておくと滑り止めになるそうです。

どこにでも手に入るアイテムで壊れたり失くしても惜しくないのも良いポイントだそうです(笑)

洗濯ばさみファイヤーノット、かなり素早く結べますし、89%とFGノットに迫る強度がありますので、急いでいるときにとても便利そうです。

是非お試しください!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

丸岡しょうへい

三度の飯より釣りが好き。福井県でジギングを中心に釣ってます。 ハゼからバスまでなんでも釣ります、釣った魚はとりあえず食べてみる派。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索