フッ素コートを超えた!? ステキ針「新特殊コーティング」のタイラバフックがおすすめな件

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

写真は、ある「タイラバフック」なのですが、昨年末に実験して、倉庫の端に置いておいたのですが、そのまま置いたのを忘れていました。

何の実験をしていたかといいますと、

ステキ針から新しく発売された「タイラバフック」の新コーティングが、フッ素コートのようなスベスベ感で貫通性能が高く、それでいてサビに非常に強い!ということでしたので、塩水を作って2つをしばらく置いてみたんです。

フッ素コートを超えた!? ステキ針「新特殊コーティング」のタイラバフック

こちらが、昨年末にステキ針から発売された新しい「タイラバフック」です。

一見、普通のタイラバフックに見えますが、

貫通性能を高めるために、表面にフッ素コートのようにツルツルスベスベのコーティングが施してあります。

真鯛の口って結構硬いので、私も貫通性能が少しでも高い「フッ素コート」のタイラバフックを使っていました。

ただ、以前も実験したように、フッ素コートには「ピンホール」と呼ばれる無数の小さな穴が空いているそうなんです。

フッ素コート自体が錆びるわけではないのですが、その小さな穴から海水が侵入して、釣り針(フック)の下地が錆びると、フッ素コートが剥がれてしまうそうなんです。

実際に、実験してみたところ、塩分濃度はちょっと高めですが、24時間ぐらいで、フッ素コートの方にはサビが発生してきました。

そのまま、実験したのを忘れていて、放置状態になったものが冒頭のこちらなのですが、同じかなり高めの塩分濃度の実験で、ステキ針の新特殊コーティングのフックが全然サビていないのがお分かりいただけると思います。

このタイラバフック、特殊コーティングによる貫通性能UP以外にも、針そのものが良く出来ていまして、鋭い針先(フックポイント)に

同社の人気ジギングフック「幻」に同様、チモトのほうにネムリが入った貫通性重視のタイラバフックで

気持ち太めの軸に、強度アップの平打加工が施されており、コンパクトながら大鯛にも耐えれる折れに強い強度と、貫通性能を兼ね備えたタイラバフックです。

タイラバに付けたサイズ感は、こんな感じ。

コンパクトながら、やや太軸で強そうなのがお分かりいただけると思います♪

実際の釣行に使ってみて、掛け重視というよりは、貫通性能重視のフックですので、個人的には3本針仕様にして使うのがおすすめだと思います。

やはり掛かる率も増えますし、掛かってからもバレにくいです。

凄く作り方も簡単で、3本とも全部「外掛け結び」で結ぶだけです。※今度詳しくご紹介します。

このフック、3サイズあるのですが、入っている針の数(入数)がめちゃくちゃ多く、普通にタイラバフックとしても結構お得です。

お得にお試し出来る「バラ売り」や「3サイズセット」を設置


ルアーバンク ステキ針・特殊コーティング「タイラバフック」バラ売り・セット特売

このフックを気軽にお試し出来るよう、いつものように、ルアーバンクに1本から購入できる「バラ売り」や「セット特売」サービスを設置しました。

結構、1パックの入数の多いフックですので、同サイズを複数パックというニーズは少ないかな?と思い、新たに「3サイズセット」というのも作ってみました♪

フックのサイズ違いで段差(長い方を小さく)するのもおすすめで、S,M,Lの3サイズ持っていると、いろいろアレンジしたタイラバフックを作ることが出来ます♪

フッ素コートを超えた!? ステキ針「新特殊コーティング」のタイラバフック、バラ売りなどでもお試しできますので、是非一度使ってみてください♪


ルアーバンク ステキ針・特殊コーティング「タイラバフック」バラ売り・セット特売

 

 

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索