サンラインからテーパーリーダー発売!? 飛距離UPは本当か?投げ比べしてみた!

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

サンラインから、テーパーの付いたショックリーダー「モンスターバトル テーパーリーダー」が発売されました。

テーパーリーダーとは、先と根元の太さが異なるショックリーダーで、フライフィシングなどではよく使われるリーダーだそうですが、ソルトゲームのキャスティング用で見るのは私は初めてです。

なんでも、ヒラマサキャスティングなど根ズレの恐れのあるターゲットを狙う時に「リーダーの太さは太くしたいけど、太くすると飛距離が落ちてしまう」ので、先の方を太く、根元の方を細くしたそうです。

ということは、先端の太さと同じショックリーダーに比べて、飛距離がアップするということになりますが、本当にアップするのか、近くの池で投げ比べしてきました。

サンラインから新発売のテーパーリーダー「モンスターバトル テーパーリーダー」とは?

サンラインから新発売になった、モンスターバトルテーパーリーダーは、5mでカットされたテーパーの付いたショックリーダーです。

先が100lb(30号)固定、根元が40lb(10号)、50lb(12号)、60lb(14号)、80lb(18号)と4種類の太さのラインナップが発売されました。

パッケージの裏面の図にあるように、半分の2.5mが100lb(30号)、2mがテーパーになっており段々細くなり、最後の50cmだけが細くなっています。

キャスティングゲームにおいて、怖いのはスレによるブレイク。瀬ズレはもちろんのことモンスターの魚体にリーダーが触れてダメージを負う事も多い。
その対応として通常よりもリーダーを太くすることで切れにくくはなるが、キャストで抵抗となり飛距離をロスしてしまう。そこで、テーパーラインの提案!
モンスターに触れる可能性がある長さとルアーの結束に必要な長さ(2.5m)だけを極太に設定。

従来のリーダーサイズと比較し飛距離の維持と絶対的な耐摩耗強力がアップ。

サンライン https://sunline.co.jp/sl_html2/products/salt/mosterbattle_taper.html

100lbですので、主にショアやヒラマサキャスティングやキハダキャスティングなどに使えそうなサイズです。

オフショアのヒラマサキャスティングでは130lbを使うことが多いので、細すぎるな〜と思っていたら

太さが30号(0.910mm)!?

いつも使っているサンラインの130lbのショックリーダーと同じ太さです。

つまり、100lbとありますが、先端の太さは30号(同社130lbナイロンライン相当)ありますのでオフショアのヒラマサキャスティングの根ズレ対策にも十分な太さです。

飛距離アップする!?が本当か、近くの池で投げ比べしてきた

ここからが、本題です。

サンラインがテーパーリーダーを発売した理由は、「太いラインを使いたいが、飛距離低下を抑えたい」ということですので、太いラインよりも飛距離がアップしていなければ意味がありません。

ということで、近くの池で投げ比べして飛距離が違うのか実験してきました。

投げ比べしたのは100lb→60lbのテーパーリーダーと、先端の100lbと同じ太さである130lbのショックリーダーの2種類で、長さは同じ5mにしました。

いつもキャスティングする時のショックリーダーの長さは3mぐらい、垂らしを出してリーダーがちょっとだけリールに掛かるぐらいにしているので、5mだと結構リールに巻きが入ります。

テーパーが付いていると言っても2.5mは同じ太さですので、ロッドに入っているリーダーの太さは全く同じですし、テーパー部分や細い部分はリールの中に巻かれてしまっています。

これで本当に飛距離が変わるのでしょうか?

とりあえず、130lb(5m)のリーダーを付けた状態で20投してみました。

条件は次のとおりです。

  • 130lb(0.910mm)のショックリーダー5m
  • 7.9ftの青物用キャスティングロッド(がまかつ トップギア79H)30〜100g
  • PEライン4号
  • FGノット(上下8回、本線ハーフヒッチ8回、PEハーフヒッチ8回)
  • ルアーフック合わせて約78g ラピードF190(シングルフック)
  • 向かい風(1m)そよ風

この条件で20投したところ、平均60mぐらい。着水と同時にライン放出を止めて、青いラインの中間ぐらいでした。

20投げで、一度も次の黄色のラインまで飛んだことはありません。

次に、同条件でショックリーダーだけをテーパーリーダー(100lb→60lb)にしてみました。

1投目。。。

おおおぉお〜〜〜 マジか!?

黄色行った!!!

20投してみたら、一度ミスキャストで青いラインでしたが

 

残りは全て、青いラインの次の黄色いラインに到達。バチっ!とキャストが決まった時は次の深緑のラインまで見えてきました。向かい風で70m!?

伸びた飛距離は5m〜最大10mで、平均すると6,7m(約10%)ぐらい飛距離が伸びたでしょうか?

ショックリーダーがテーパーになっただけで飛距離変わるんかいな?と正直疑っていましたので、かなり驚きです。

投げ比べしてわかったのですが、キャスティング時に明らかに抜けの良さを感じます。

これなら、PEが結玉になる「エアノット」も出来にくいかもしれません。

ノット部分が細いので、強度は落ちるかもしれませんが、130lb使っていた理由は根ズレ対策で太さが欲しいだけでしたし、細いと言っても、60lbで約27kg、80lbで約36kgありますので、強度的には十分です。

次は実践で試してみたいと思います。

ちなみに9月上旬発売とのことで、すでに発売されているようです。サンラインのテスターさんにサンプルを貰ったので正確な価格は分からないのですが、ネット販売で720円(2本入り)で売っているところを発見しました。

コンパクトですし、タックルボックスに入れておいて、向かい風で「飛距離が伸びずにエアノットが出来やすい場合」に付け替えるという使い方も良いかもしれませんね♪

 

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索