四つ編みアシストフックの自作を簡単に! 「四つ編み簡単アシスター」

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

おはようございます。会長です。

「四つ編みアシストフック」って作ったことありますか?

私は今まで2,3回作ってみようと挑戦したことがあったのですが、四つ編みの部分が難しくて途中で諦めていました。

四つ編みの編み方をyoutubeなどで検索するとヒモやロープ等を使って編み方を説明されている方が多いのですが、ロープでの結び方をそのまま短いアシストラインでやるのは、なかなか難しかったです。

なにかいい方法が無いかと色々試していたところ、あるルールを見つけました。

そして、そのルールに基づいて治具を作ってみたところ、簡単に四つ編みが編めるようになりましたので、その治具を商品化してみました。

ちょっと難しい「四つ編み」が簡単に出来る!「四つ編み簡単アシスター」

この度、商品化した「四つ編み簡単アシスター」は、四つ編みを簡単に編めるようにする為の専用治具です。

四つ編みのアシストフックを作る場合、溶接リングやソリッドリングにシーハンターなどのアシストラインを編み込むことになるので、リングを引っ掛けて固定できるようにしてあります。

治具(アシスター本体)が動くとやりづらいので、アシスターの裏側にゲルシートを付けることで、好きな場所に固定できるようにしました。

机などに押し付けて固定するだけで、好きな場所で作業することが出来ます。

ゲルシートは貼ったり剥がしたりすることが出来ますし、粘着性がなくなった場合は水洗いすれば粘着性が戻りますので、場所を変えることが出来ます。

この治具(アシスター)のポイントは、アシストラインに付ける白と黒のストッパーと、白と黒のマーカーの付いた穴です。

ストッパーがこのように穴に刺さるようになっており、説明の通りに穴に差し込んでいくだけで正しい掛け方になります。

作ってみたことがある方はご存知だと思いますが、最初の掛け方を間違えると編み始めの部分がおかしくなります。

このように、手を離しても編み込み開始の状態を正しく作れますので、誰でも間違いない組み方が出来るようになっています。

編み込み方法は割愛させていただきますが、白と黒のストッパーの位置で説明することと、簡単なパターンの繰り返しにすることで、誰でも理解できるような編み方にしました。

編み込みの最中に、このように手を離しても状態を維持できますので結構便利です。

もともと、編み方を簡単に理解できるように作ったアイテムなのですが、編み方を理解してからもずっとアシスター使って四つ編みを作っています♪

ちなみに編んでいる彼は、この写真の数分前まで編み方は全然知らない状態でしたが、解説を読みながら、しっかり1人で四つ編みを編んでいます。

他2名にも試してもらいましたが、数分で理解して四つ編みが編めるようになりました。

全員、釣りをしないので、アシストライン触るのも初めてですし、四つ編みも初めてです。

もちろん、フックに結びつけてアシストフックを作るところまで解説してありますので、初めての方でも四つ編みアシストフックを作れるようになります。

余った8本編のPEラインを四つ編みにして「32本編みアシストライン」を編んで、アシストフックを作ったりと結構活躍中です♪

「返品OK」と「ポーチのプレゼント」について

この商品は「四つ編みが簡単に出来るようになる」ことが目的でありサービスだと考えておりますので、万が一購入された方が四つ編みを編めるようにならなかった場合、商品代金をお返ししたいと思います。

また、購入された方に、タックルボックス隙間収納ポーチの「ジギング魂モデル」580円相当を1つプレゼント致します。小物の収納に便利な防水ポーチです。


ジギング魂「四つ編み簡単アシスター」

この機会に「四つ編みアシストフックの自作」に挑戦してみませんか♪

「四つ編み簡単アシスター」の販売ページはこちら

Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

The following two tabs change content below.

伝説会長

ジギング歴15年。マイボートを所有し、週末はオフショアに。福井県在住でメインフィールドは福井県三国沖。対馬・輪島・石垣島・遠州灘・相模湾などに遠征も。

オリジナルグッズはこちら

アシストフック関連

ジギングフック(バラ売り・セット特売)

「最安値」が分かる!
ルアー専門の検索サイト
サイトに移動
記事検索